ブリヂストンB1・B2ドライバーの特徴とは?|貴重な振動数データと打つべきゴルファーとは?

ドライバー
スポンサーリンク

B一新。さらなる飛距離と安定性の向上

多くのゴルファーから絶大な人気を誇る「ブリヂストン」から最新ドライバーB1・B2ドライバーがリリースされた。

今回はB1とB2に分かれてのリリースとなったが、一体何が違うのか。

どちらのドライバーを使うべきか分からないゴルファーの為に、クラブフィッターたけちゃんが徹底解説。

そして貴重な純正シャフトの振動数データも公開するぞ。

宣伝文句は「B一新」だが、一体なにが一新されたのか。

ドライバー選びに悩んでいる方は必見の内容だ!

スポンサーリンク

純正シャフトの振動数データ

いきなりではあるが、B1ドライバー、B2ドライバー純正シャフトの振動数データを公開する。

 TourAD BS 6S
※B1純正
DiamanaBS 50S
※B2純正
AirSpeederBS
※B2純正
振動数250CPM243CPM190CPM

B1にはグラファイトデザインのTourAD。

B2には三菱ケミカルのDiamana、フジクラのAirSpeederが採用されている。

大手シャフトメーカー3社が純正シャフトが採用されているのが興味深い。

B1・B2それぞれの特徴

B1・B2シリーズはそれぞれにどんな特徴があるのか。それを理解する為に過去モデルとの立ち位置を説明する。

ブリヂストンにはプロモデルとなる「X」シリーズ。

そしてプロアマ問わず人気の「JGR」シリーズがある。

大きく分けてB1ドライバーは「X」シリーズの後継モデル。

そしてB2ドライバーは「JGR」の後継モデルとなる。

  • B1ドライバー=Xシリーズの後継
  • B2ドライバー=JGRシリーズの後継

つまり、今までのXシリーズ・JGRシリーズから「B」シリーズとして生まれ変わった訳だ。

今回のBシリーズには「B-Limited」と呼ばれるプロ・上級者の要望を取り入れたモデルも存在する。
※B-limitedはカスタムモデルとなり、購入の際はブリヂストン公式サイトを参照。

404 Not Found | BRIDGESTONE GOLF

Bの進化は内部になる

B1・B2ドライバーともに大きな特徴として「サスペンションコア」がある。

これは2019モデルのJGRから採用されている機構だ。

内部構造なので、見た目には分かり難いが、B1・B2から大きな進化が図られた。

このサスペンションコアの素材をアルミからチタンへの変更。ポリマーを内部構造への変更を行った。

これにより、フェースの肉薄化、フェースの軽量化を実現している。

軽量化しているが、強度は確保しているというブリヂストンの技術力の高さが分かる。

構えて分かる進化の違い

内部構造の進化もあるが、感性の部分にも変化がある。

B1ドライバーは構えた時に逃げ顔。つまり「フェースが開いて見える」様になっている。

今までのXシリーズのドライバーは「捕まりやすそうな顔」になっていた。

ハードヒッターが多いプロは左へのミスを嫌う傾向が強い。

プロモデルであるXシリーズが捕まりやすそう=左に行きそうというネガティブなイメージを持ちやすい。

つまり、B1ドライバーは左を恐れずに叩けるモデルに仕上がっている。

では、JGRの後継となるB2ドライバーはというと、捕まりやすい顔になっているがJGRほどのフックフェースにはなっていない。

B1独自設計のウェイト調整

B1には独自設計となるウェイト調整が付いている。

以前のXシリーズよりも調整幅が広がっている。

B2独自設計のウェイト配置

対してB2ドライバーにはウェイト調整機能は付いていないが、ヒールに18gのウェイトは配置している。

このウェイトによりオートマチックな捕まりを実現している。

弾道の違いと試打評価

クラブフィッターたけちゃんに試打をしてもらった。

まずはB1ドライバーの弾道は低めの弾道で綺麗なフェードボールになった。

今までのXシリーズであれば、真っ直ぐからドロー方向のイメージになるボールがフェードになることから、綺麗な逃げ顔で、叩けるモデルと言える。

対してB2ドライバーは、しっかり高弾道で捕まっている分飛距離も出ている。
フェードヒッターのクラブフィッターたけちゃんとしては逆玉となるドローであるので、選ぶならB1であるが、自分の持ち球に合わせて選択の自由度が広がったと言える。

試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、35歳(独身)フェードヒッター

【動画】B1・B2ドライバーを打つべきゴルファーは!?特徴をプロフィッターが解説!

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はブリヂストンの最新ドライバーのBシリーズを紹介した。

B1ドライバーは左へのミスを気にする事なく、思いっきり叩けるモデル。

B2ドライバーはオートマチックに高弾道、捕まりの良いモデルとなっている。

最新テクノロジーは搭載しつつも、ブリヂストンの強みである綺麗な顔つきの良さは健在だ。

ドライバー市場は海外モデルが注目を浴びているが、国内モデルも大きな進化を続けている。

ドライバーの悩みを抱えているゴルファーの方は、是非一度試打をして頂きたい。

当記事のライター辻和也

ズバババゴルフ専属ゴルフライターのプロドラマーつじです。

仕事が忙しくて、なかなか練習も出来ない・・・これはまずいぞ・・・。

そう思って素振りを5分でもする様にしています。

ドラムもそうですが、やらなくなると、どこかで一気に練習に費やす時間を増やそうとする方も多いです。

しかし、大体長続きしないので、1分でも3分でもいいので、まずは素振りをする事から再開しています。

2022年はラウンド出来るといいな・・。

ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました