試打検証!リョーマゴルフドライバーマキシマ2SpecialTuning

リョーマゴルフマキシマ2ドライバー
スポンサーリンク

静かな高反発で飛ばす!マキシマ2SpecialTuningを試打検証!

ゴルフの楽しさとは何か。

ベストスコアを更新する。ピンに絡むアプローチ。パッティング。ラウンド後の食事。

あえて言おう。ゴルフの楽しみ。それは「飛ぶって面白い」

ビートたけしさんや、木村拓哉さんがイメージキャラクターを務める、地クラブメーカーのリョーマゴルフ。

リョーマゴルフから2021年4月28日に、高反発モデルの「マキシマ2SpecialTuning」が発売された。

リョーマゴルフの飛びの技術の結晶とも言える、マキシマ2シリーズの高反発モデルだ。

マキシマ2の飛びの技術を更に高めたのが、SpecialTuning。

今回はマキシマ2SpecialTuningの試打を行い、その飛びの秘密を探る!

マキシマ2SpecialTuningは、従来の高反発モデルとは違う「静かな高反発」も見逃せないポイントだ。

ドライバーの圧倒的な飛距離が欲しいゴルファーは、最後まで見逃せないぞ!!

スポンサーリンク

マキシマ2SpecialTuningは初速で飛ばす!

マキシマ2SpecialTuningは、国内外特許を取得した、超高反発のヘッドが最大の特徴と言える。

インパクト時にフェースがたわみ、インパクト後にはボディ全体がたわむ事で、ボール初速を高い次元で出す事に成功している。

実はこのヘッドの特徴が、高反発モデルの特徴とも言える「ある部分」を軽減している。

ある部分に関しては、後述するので、最後まで読んで頂きたい。

フェース部分にもリョーマゴルフ独自のチタン素材を採用し、飛びに特化したドライバーがマキシマ2SpecialTuningだ。

マキシマ2SpecialTuningは超高反発モデル(SLEルール適合外)であるため、試合などでは使用不可となっている。

しかし、プライベートなラウンドで使用する分には、問題はない。

以前に、マキシマ2Type-Dを紹介したがリョーマゴルフはとにかくスピン量が減るのが大きな特徴である。

マキシマ2SpecialTuningも、スピン量が多いゴルファーにとって、スピン量を減らしてくれるドライバーだ。

▼関連記事

棒ダマで飛ぶドライバー!リョーマゴルフマキシマ2が飛ぶ3つの理由
高弾道の棒ダマ!マキシマ2の飛びを検証 その飛距離で多くのゴルファーを魅了したMAXIMA(マキシマ)。 地クラブメ...

マキシマ2SpecialTuning試打

マキシマ2SpecialTuningの試打を早速行う。

試打を行うのは、クラブフィッターたけちゃん、女性ゴルファー代表としてゆみちゃんが試打を行う。

試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、35歳(独身)フェードヒッター

今回はマキシマ2SpecialTuningのシャフトラインナップから、以下のシャフトで検証を行う。

・BEYOND POWER Ⅱ Plus FLEX∞
長さ:46.25インチ
振動数:220CPM

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

マキシマ2SpecialTuning試打データ

 
たけちゃん
ゆみちゃん
ヘッドスピード
44.7M/S
43.5M/S
33.1M/S
32.8M/S
ボールスピード
63.0M/S
64.1M/S
44.7M/S
46.2M/S
総スピン量
2540RPM
2835RPM
5000RPM
5100RPM
ミート率
1.41
1.47
1.35
1.41
総距離
257YDS
258YDS
146YDS
166YDS

まず注目して頂きたいのは「ミート率」だ。

ミート率は1.5以上が出るとほぼマックスと言われるが、たけちゃんの試打データを見ると1.47と、非常に高いミート率になっている。

ミート率は「初速÷ヘッドスピード」で算出される。

たけちゃんのヘッドスピードは、いつもと変わらないが、ミート率が1.45を超えるのは珍しい。

それだけに、マキシマ2SpecialTuningの初速性能が高い事がデータから分かる。

そして、スピン量にも注目して頂きたい。

たけちゃんは、普段は3000RPMとスピン量が多い事が悩みであるが、2球ともに3000RPMを切っている。

ゆみちゃんはスピン量が多いが、これはさすがに女性に46.25インチと長いシャフトが合っていない事が原因だ。

しかし、それでも総距離は通常使っているドライバーと遜色ない結果となった。

ゆみちゃんのミート率は、1.3が通常での平均ではあるが、1.4を超えるデータも出た。

マキシマ2SpecialTuningの初速性能の高さがハッキリと出た結果だ。

ヘッド単体での販売もしているので、シャフトをしっかり自分に合わせれば、爆発的な飛距離は貴殿のモノだ!

やはり、マキシマ2SpecialTuningは「飛びに特化したドライバー」と言える

ミスへの寛容性も高いマキシマ2SpecialTuning

たけちゃんの1球目は、アウトサイドイン軌道で、インパクト時のヘッドは開いて当たっている。

実際に弾道もスライスとなっている。スライス弾道になってしまうと飛距離は伸びないはず。

それでも飛距離は落ちないどころか、たけちゃんの通常の距離から考えると飛んでいる。

たけちゃん
たけちゃん

ミスショットしても飛距離が落ちにくい。つまりミスにも寛容性があるヘッドだ。

▼関連記事

【ドライバーの選び方】おすすめヘッド形状はディープorシャロ―?
ヘッド形状と重量を知ればドライバー選びが変わる 毎年の様に新製品が発表され、多くの関心を集めるのがドライバーだ。 今...

静かな高反発!マキシマ2SpecialTuningのターゲットは?

高反発モデルのドライバーは、独特の金属音がするモデルが非常に多い。

是非、本記事最後に紹介する動画を見て頂きたいが、マキシマ2SpecialTuningの打球音は非常に静かだ。

冒頭でお話しした、高反発の特徴の「ある部分」とは「打球音」の事だ。

ルール適合モデルのドライバーと比べて、おそらく高反発モデルのドライバーと分からない打音だ。

静かな高反発と言えるのが、マキシマ2SpecialTuningだ。

高反発モデル特有の金属音を抑える事に成功しているキーポイントは「ヘッド」だ

ボール初速を上げる為に、ヘッドをたわませているが、高反発特有の金属音をボディ側で吸収しているのだ。

マキシマ2SpecialTuningの対象ゴルファーはシニア層だ。

飛距離は欲しいのだが、どうしても高反発特有の金属音はして欲しくないゴルファーも多いだろう。

そんなゴルファーにとって、マキシマ2SpecialTuningは「飛び」と「打球音」との両方を満たすドライバーと言える。

▼関連記事

【VATIC GOLF】バディックドライバー飛距離性能を試打検証!
ORIGAMI構造で自動的に勝利へ導く! 多くのゴルファーが望むもの。それは「飛距離」と「スコア」だろう。 アマチュ...

アマチュアゴルファーにとってのルール適合外

改めて言うが、マキシマ2SpecialTuningはSLEルール適合外のドライバーだ。

試合でマキシマ2SpecialTuningを使う事はできない。

クラブフィッターたけちゃんは、ゴルフをレジャーとしても楽しんで欲しいと、常々言っている。

どうしても飛距離が出ない。だからゴルフがつまらなくなってきた。そう思う前に、是非ギアの力を使って頂きたい。

ルール適合外であっても、飛距離・打球音を満たしてくれるマキシマ2SpecialTuningは、ゴルフの楽しみ方を変えるドライバーかもしれない。

自然の中で、ボールを飛ばす。そして、仲間たちとゴルフ談義に花を咲かせる。

それだけでもゴルフを楽しむ要素はいくらでもあるではないか。

ルールに縛られる必要はあるだろうか。(プレーのルール、マナーは絶対守ること!!)

どうしてもドライバーの飛距離に悩んでいる方は、是非一度マキシマ2SpecialTuningを試打して頂きたい。

この後のQ&Aでは、マキシマ2SpecialTuningを扱う際の注意点を紹介するので、最後まで読んで頂きたい!

【Q&A】クラブフィッターたけちゃんに聞く!

クラブフィッターたけちゃんに、マキシマ2SpecialTuningについてズバババ!っと聞いてみたぞ!!

マキシマ2SpecialTuningの推奨ヘッドスピードは?

ズバゴル
ズバゴル

たけちゃん。今回もよろぴくーー。ところで、マキシマ2SpecialTuningを打つべき推奨ヘッドスピードってどれくらい?

たけちゃん
たけちゃん

これ、かなり重要だからよく聞いて欲しい。保証対象ヘッドスピードは44m/s以下だ。

ゆみちゃん
ゆみちゃん

保証対象ヘッドスピード・・・?それってどう言う事?

たけちゃん
たけちゃん

高反発ドライバーはフェースが薄く作られている。つまり、ヘッドスピードが速い人が打つと、フェースが割れてしまう可能性がある

ズバゴル
ズバゴル

なるほど・・・。だからリョーマゴルフさんが保証するヘッドスピードは44m/s以下って事なんだね。

たけちゃん
たけちゃん

そう言う事。多くの高反発モデルのドライバーは保証対象ヘッドスピードはあるが、大体は40m/s以下が多い。つまり、それだけこのドライバーに自信があるんだろうな。

ズバゴル
ズバゴル

僕ちんのダイナミックスーパーシャロースイングにも耐えられるのが、マキシマ2SpecialTuningって事なんだね。(ズバゴル:ヘッドスピード13m/s)

たけちゃん
たけちゃん

ウルトラかっこ悪いな、それ。外で言うなよ。

シャフトを差し替えることも可能?

ズバゴル
ズバゴル

素朴なギモンなんだけど、マキシマ2SpecialTuningって他のシャフトに差し替える事もできるっちゃ?

たけちゃん
たけちゃん

差し替え可能だぞ。ヘッド単体で販売している工房やショップもあるぞ。今回は1種類の標準シャフトで試打をしたが、他にも豊富な標準シャフトが用意されているぞ。

ズバゴル
ズバゴル

やっぱり自分にピッタリあうシャフトで打ったら、もっと飛びそうだもんね。

たけちゃん
たけちゃん

もちろんだ。今回は飛びに特化したヘッドだから、飛びを求めるゴルファーは一度試打をしてほしい。

ズバゴル
ズバゴル

たけちゃん、今回もありがとー!またよろしくね!

【動画】リョーマゴルフ|マキシマ2SpecialTuning試打検証

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は地クラブメーカーである、リョーマゴルフのマキシマ2SpecialTuningの試打検証を行った。

高反発モデルのマキシマ2SpecialTuningであったが、やはりその飛距離性能は素晴らしい。

初速を上げ、スピン量を減らすことで、飛距離を出す。飛距離に悩んでいるゴルファーにとっては、魅力的な1本だろう。

高反発モデルであるので、試合での使用は不可ではあるが、アマチュアゴルファーにとっては高反発モデルもゴルフを楽しむ為に、積極的に使用してもいいのではないだろうか。

マキシマ2SpecialTuningは、従来の高反発モデルと違い、打球音にも工夫を施している。

通常のルール適合モデルと、変わりない打球音は、高反発モデルへの抵抗を無くすドライバーかもしれない。

ゴルフは生涯スポーツと言われる。飛距離が出なくなって辛いと感じる方は、マキシマ2SpecialTuningを是非試して頂きたい。

▼お得なマークダウンモデル

当記事のライター辻和也氏

ズバババゴルフ専属ゴルフライターのプロドラマーつじです。

今回は高反発モデルのマキシマ2SpecialTuningの特集でした。
私はまだゴルフ仲間がほとんどいない状態で、ラウンドをするのは私の親父殿になります。

以前ラウンドした時、飛距離に悩む親父殿に高反発モデルのボールを贈呈しました。
「おう。親父殿。この高反発モデルのボールをさずけよう。これでドライバーが飛ぶこと間違いなしだ。」
「おう。息子よ。ありがたく使うぞ。」

ゴルフはスポーツであるが、レジャーでもあると思う。ゴルフ場のマナーは守っても、クラブは好きものを使うのがいい。

親父殿は、ゴルフ歴は長いのであるが、あまりギアには興味がない様子。
しかし、次第にドライバーが安定し、確かにいつものディスタンスボールよりも、高反発ボールは飛んでいる。
高反発ボールで、いつもよりゴルフが楽しかった様子だ。

「おう。息子よ。この高反発ボール。また買ってきてくれ。いつもより飛ぶからおもしろいわ。」
「おう。親父殿。さすがに次は自分で買ってくれ。」

【ドラマーがゴルフ80切りに挑戦】1H:時にはパターは強気に。
ご機嫌いかがでしょうか。 つじです。 前回のラウンドで90切りを達成したのですが、それからというものラウンドし…
ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました