実録!2時間で○㎏痩せた。ゴルフ(練習)は確実に痩せるスポーツだ

実験!真夏のゴルフ練習で何キロ痩せるのか?


今年の夏は猛暑を通り越して激暑ですね。

これは日本に限ったことではなく、地球規模で異常気象になっているようです。

驚愕の猛暑関連ニュースの一部を以下にご紹介します。

  • 米国カリフォルニア州デスバレーで最高気温52度
  • 7月は世界各地で異常気象、最低気温が42度の地域も
  • 熊谷で観測史上最高気温の41.1度を記録

連日の暑さのせいで、僕の頭はバグったのかもしれません。

突拍子もない以下のような疑問が頭をよぎったのです。

「この記録的な暑さの中でゴルフをすれば、記録的に痩せるかもしれない。」

今回は、「真夏の打ちっぱなしで2時間休むことなく練習をし続ければ何キロ痩せるのか?」についてご紹介していきます。

最初に断っておきますが、僕の真似をして熱中症でぶっ倒れても、当然ながら当サイトは保証しかねます。あしからずご了承ください。

スポンサーリンク
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)

ゴルフの練習前に体重測定

バズちんまるの体重
画像:バズちんまる練習前の体重(画像タップで拡大)

まずは、ゴルフの練習に行く前に久々に体重を測ってみました。

ヤバいっすね、タバコをやめたせいか3㎏も太っているではありませんか。

ちなみにベスト体重は58㎏、身長は175㎝~155㎝の中間点あたりです。

よーし、今日は水分を一切取らず練習しまくって一気に痩せてやるぜ。自己責任で(ry

【決死のチャレンジ】本日も猛暑!最高気温は36度

高松市の最高気温35度

現在の気温は33度ですが、予報では今日の最高気温は36度を超えるとのこと。

ヤバい、じっとしているだけで汗が噴き出してきたぞ。

これは本当に、記録的に痩せられるかもしれない…。死ななければ…。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に到着

打ちっぱなし練習場
画像:ため池ゴルフ練習場

玄関のドアを開けた瞬間サウナのような熱風と、まだ午前中だというのに車内の気温は34度…。

練習に行くのをやめようと思いました。マジで。

が、しかし。初心貫徹です。

暑さでとろけそうなアスファルトの上、何とか愛車をぶっ飛ばし、高松市のとあるゴルフ練習場(打ちっぱなし)になんとか到着しました。

香川県ではポピュラーな、ため池に面した全50打席の打ちっぱなし練習場。

普段は半分以上の打席が埋まっていますが、さすがに気温が35度を超えているとあって練習をしているゴルファーはたったの4名。

しかも、そのうちお一人は上半身裸ではありませんか!!(上記画像タップで拡大)

ゴルフは紳士のスポーツ、練習と言えども服装とマナーは大事です。

通常であれば、上半身裸で練習するなんてありえませんし、言語道断でしょう。

しかし、この「災害的」な暑さにはかないません。

だって、暑さのせいで練習中に熱中症になり、ゴルフの球ではなく、2つの玉をぶら下げた自分が池ポチャ…。なんて、笑えませんもんね。

「打ちっぱなし」2つのシステム

打ちっぱなし練習場システム
画像:ビンボーゴルファーには嬉しい2時間打ち放題1,280円

打ちっぱなしのゴルフボール

打ちっぱなしのゴルフボール
画像:打ちっぱなしの打席

ここの打ちっぱなしの練習システムは2通り。

  1. コイン制(1コイン50球)
  2. 2時間打ち放題(1,280円)

繰り返しになりますが、今回はただの練習ではありません。

記録的な暑さの中での記録的なチャレンジです。

もちろん僕が、2時間打ち放題をチョイスしたことは言うまでもありません。

受付のおばちゃんの「こいつ、狂っていやがる…。」という、あっけにとられた顔を生涯忘れません。

マジ驚愕!開始10分で汗が噴き出す

噴き出す汗

練習開始後わずか10分で、体中の穴という穴から汁が噴き出してきます。マジで。

SWで軽くアプローチをしたただけで、濃ゆい塩味の液体がポタポタと身体から流れ落ちてくるではありませんか。

身に着けた短パンポロシャツはあっという間に汗でびっしょり、靴下もスキャンティ(AV女優に人気が高いといわれるボクサータイプを愛用)もベトベトです。

教訓。夏ゴルフはグローブを複数用意する

ゴルフグローブ
今回のチャレンジで最も困ったことは、グリップを握る右手も汗で滑りそうだし、グローブも汗でびしょびしょになったこと。

練習と言えども、夏のゴルフにはグローブを複数準備しておくことが大切だと感じました。

練習場の扇風機
画像:練習場の扇風機

打席後方に設置された扇風機は、生暖かく湿った空気をかき混ぜるだけ。

この状況下においてゴルファーの体温を下げるのにクソの役にも立ちません。

Break or Die|休憩しないと生きれない

ゴルフ練習場で休憩

ごめんなさい。

2時間ぶっ続けで練習をし続けるつもりでしたが開始15分で断念しました。

気温が40度近くになる屋外では、15分ごとに休憩することを強く推奨します。いや、絶対に休憩してください。

「35度って意外とへっちゃらでした。まぁ、僕クラスになると楽勝ですね。」とか言って、をつこうかと思いましたが、少し休憩しました。

無理でした。

めまいがしてきました。

息が苦しくなりました。

目の前が少し暗くなり、お星さまが見えてきました。お昼なのにね。なぜでしょうね?ところでこの小さく白いボールは誰がばらまいたのかしら…。

すいません、もう、無理でした。

Break or Die 休憩しないと生きれないのです。

冗談はさておき(冗談ではないのですが)、夏のゴルフ練習では休憩を適度にとりましょう。

痩せるため。それでも球を打ち続ける

練習用ゴルフボール
画像:練習開始60分後

練習用ゴルフボール
画像:練習開始90分後(暑さの影響で画像の色がおかしい)

ゴルフ練習場ボール
画像:練習開始100分後

空のメッシュコンテナ
画像:練習開始120分ですべて打ち終えた

休憩を挟みながら、洗面所の水を頭からかぶりながら、朦朧とする意識をこちら側に引っ張り込みながら…。40度近くの気温の中、2時間打ち放題を終えることが出来ました。

これもひとえに、丈夫な体に産んでくれた両親のおかげです。

ありがとうダッド&マッマさん。

今日のチャレンジの成功をきっかけに、怠惰なクーラー部屋で泥酔&寝る前にパピコ生活から抜け出せそうです!

結果発表!いったい何キロやせたのか?

さてさて皆様お待たせをいたしました。

おそらく世界初のチャレンジ、「真夏の打ちっぱなしで2時間休むことなく練習をし続ければ何キロ痩せられるのか?」の結果発表です!!!



















ゴルフは2時間で痩せられるスポーツ

バズちんまるの体重(練習前)
画像:練習前の体重

結果発表
画像:練習後の体重

ゴルフ練習前:62.2㎏
2時間練習後:60.9㎏

結果はなんと、1.3㎏も痩せることに成功しました!

凄くないですか?たった2時間で1.3㎏ですよ。

このペースでいけば、4時間で2.6㎏、10時間ぶっ続けで練習したとして7㎏程度痩せられる計算です。(無理は禁物)

ズバリ!ゴルフはたった2時間程度の練習で確実に痩せられるスポーツなのです。

一番大切な命(いのち)。夏ゴルフの注意点

猛暑

ここで、記事ではお伝え出来なかった僕の体験を3つご紹介します。

今年のような「災害」的な暑さの中でゴルフをする際にはぜひとも参考になさってください。

自分自身の命を守るために…。

クッソ暑いのに、なぜだろう、鳥肌が…。

暑いのに鳥肌

あまりの暑さに自律神経が機能していない場合鳥肌が立つことがあるとのことです。

熱中症の一歩手前とも言えますのでお気を付けください。

こまめな水分補給

自動販売機

小銭をケチらず水分補給をしましょう。

ゴルフシューズに落ちた顔面からの汗はしっかり拭きとる

ゴルフシューズに汗

ゴルフシューズに落ちた大量の汗は、しっかりとふき取りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、灼熱の夏、ゴルフの練習でどの程度体重を落とすことが出来るのか?について検証してきました。

予想以上に体重が減っていて僕自身が一番驚きました。(笑)

「痩せたのではなく、汗の分だけ体重が減っただけだろ」ですって?

いえいえ、ゴルフの練習って意外とカロリーを消費するんですよ。

2時間の練習でで500Kcal以上消費することも可能なんです。

ゴルフの練習で効率よく痩せるためのポイントは、下半身、腹筋、背筋などの大きな筋肉を意識してスイングすること。

これに尽きます。

詳細は当サイトの過去の記事、打ちっぱなしダイエット!ゴルフ練習の消費カロリーは意外に高い!にてご確認ください。

繰り返しになりますが、夏のゴルフはたっぷりの休憩と水分補給をお忘れなく!

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回のチャレンジは本当にマジでヤバかったです。(苦笑)

そして、今年の夏の暑さもまだまだヤバそうです。

熱中症には気を付けて最高のゴルフシーズンの秋を迎えたいものですね。

当記事がまだみぬゴルファーの熱中症予防と、ダイエットのお役に立てれば望外の幸せです。

それではまた!

▼関連記事

打ちっぱなしダイエット!ゴルフ練習の消費カロリーは意外に高い!
打ちっ放しで痩せるのか?消費カロリーを調べてみた 本日も最高のゴルフ日和。 そんでもって本日...
スポンサーリンク
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事