G410プラス/G410LST試打比較!PINGが飛ぶ3つの理由

PING G410シリーズドライバー
スポンサーリンク

G410プラスとG410LSTを徹底検証

昨年大ブレイクした渋野日向子プロをはじめ、プロアマ問わず大人気なのがPINGのドライバーだ。

抜群の飛距離性能で多くのゴルファーを魅了するPINGドライバー。

今回はG410プラスとG410LSTを試打し、その飛びの秘密を探る!

また、G410プラス・G410LSTの違い・試すべきゴルファーをクラブフィッターたけちゃんが紹介する。

PINGドライバーが気になる方、ドライバー選びに悩んでいる方は必見だ!

スポンサーリンク

G410PLUSとG410LSTの違いと特徴

試打計測データを見て頂く前に、G410PLUSとG410LST。

それぞれの違いについて説明する。

G410PLUSドライバーの特徴

PINGドライバーの最大の特徴は、慣性モーメントの大きさだ。

慣性モーメントが大きい事でヘッドがブレ難く、芯を外してもボールがまっすぐ飛ぶ。

このG410PLUSは、その特徴をしっかり実現し、また可変式弾道調整ウェイトにより求める弾道調整が可能だ。

スタンダードなモデルであり、左右どちらにも曲がるゴルファーにオススメ。

▼G410PLUSの詳細

使用プロ:渋野日向子プロ他

G410LSTドライバーの特徴

G410LSTもG410PLUS同様に慣性モーメントが大きく、可変式弾道調整ウェイトが採用されている。

LSTは【Low Spin Technology】の略称であり、G410PLUSよりスピン量を減らすモデルだ。

G410PLUSよりも重心を浅くする事でスピン量の低減を実現しているが、果たしてどれだけスピン量が減るのか。

実際の試打計測データをご覧頂きたい。

▼G410LSTの詳細

使用プロ:鈴木愛プロ他

G410PLUS・G410LST試打データ

それではG410PLUS・G410LSTの試打データを公開する。

試打はクラブフィッターたけちゃんが行う。

使用シャフト:VENTUS 5S
試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、34歳(独身)フェードヒッター

今回は女性代表としてYoutube版ズバババゴルフ!でお馴染みの、ゆみちゃんにも試打を行なってもらった。

使用シャフト:ATTAS11(ジャック) 4S

▼関連記事

逆輸入シャフトVENTUS(ヴェンタス)試打評価!テンセイとの違い
【動画あり】人気逆輸入シャフト『VENTUS(ヴェンタス)』の振動数(硬さ)、キックポイント、試打データ等特徴を検証!同じく逆輸入テンセイとの比較は必見!ヴェンタスvsテンセイ「アマチュアゴルファーにおすすめのシャフトはどっち!?」答えは当記事を今すぐ確認!

▼関連記事

【アッタスジャックの特徴】ダブルキックは球が上がらない方におすすめ!
【動画あり】USTマミヤの最新シャフト「アッタスジャック(11)」の最大の特徴ダブルキックについて詳しく解説!球が上がらない、低弾道飛距離ロスに悩む方必読の内容。ダブルキックが切り札のアッタスジャックで最高の飛距離を手に入れろ!

G410PLUS・G410LST試打データ(試打たけちゃん)

 G410PLUSG410LST
ヘッドスピード44.9M/S44.7M/S
打ち出し角度13.6°14.7°
総スピン量3200RPM3050RPM
キャリー236YDS241YDS
飛距離255YDS260YDS

事実、PINGのドライバーは飛ぶ!

試打データをご覧頂いたが、注目すべき点はスピン量だ。

たけちゃんはスピン量が普段から多めで、G410PLUSのスピン量はいつもと大体同じスピン量だ。

やや多めのスピン量であっても飛距離が出ている事に、たけちゃんは非常に驚いていた。

G410LSTのデータは、PLUSに比べてほぼ同じヘッドスピードであるが、キャリー・総飛距離共にPLUSを上回っている。

スピン量は多めではあるが、G410PLUSに比べると落ちている。やはりG410LSTはスピン量を低減させる事が、このデータを見てハッキリと分かる。

G410PLUS・G410LST試打データ(試打ゆみちゃん)

 G410PLUSG410LST
ヘッドスピード31.3M/S32.3M/S
打ち出し角度18.9°17.2°
総スピン量4415RPM5500RPM
キャリー123YDS115YDS
飛距離142YDS132YDS

クラブフィッターたけちゃんは、ゆみちゃんをはじめ、一般女性にはG410PLUS・LSTは打つのは困難という。

それは「ヘッド重量」が原因だ。

G410PLUS・G410LSTのヘッド重量

G410PLUS・G410LSTのヘッド
それぞれのヘッド重量は以下の通りだ。

  • G410PLUS(スリーブ込み):201g
  • G410LST(スリーブ込み):203g

比較対象として、ここ最近の主流のヘッド重量は以下の通りだ。

  • 一般男性の主流ヘッド重量:197g
  • 女性の場合:190g以下

これを見てもG410PLUS・G410LSTが重量級のヘッドである事が分かる。

この事からも、体の力が求められるヘッドであり、ゆみちゃんをはじめ、一般女性が使うには非常に厳しいヘッドである。

ヘッド体積とライ角の違い

もう少しG410PLUS・G410LSTの違いについて紹介する。

G410PLUS・G410LST。それぞれのヘッド体積・ライ角にも違いがある。

G410PLUS・G410LSTのヘッド体積

G410PLUS・G410LSTそれぞれのヘッド体積は以下の通りだ。

  • G410PLUS:455cc
  • G410LST:450cc

近年は460ccのドライバーが多いが、G410PLUS・G410LST共に460cc以下のヘッド体積だ。

見た目的にも、構えた感じでG410LSTの方が小ぶりに見える。

ライ角が与える球の捕まり

PINGのドライバーは重心距離が長く、フェースローテーションがし難い面がある。

それはG410PLUS・G410LSTどちらにも当てはまる。

ここで注目する点はライ角である。

フェードヒッターであるたけちゃんは、G410LSTは難しいと感じたという。

それはライ角の影響である。

アイアンでは非常に重要になるライ角であるが、当然ドライバーにもライ角は存在する。

  • G410PLUSライ角:59.5°
  • G410LSTライ角:58°

1.5°ではあるが、G410PLUSの方がアップライトになっている。

アップライトの方が球が捕まえやすい性質を持っているので、たった1.5°ではあるが、球の捕まりに大きな影響を与える。

ドライバーで捕まえるのが苦手な方はG410PLUSがオススメだ。

▼関連記事

驚愕!アイアンはライ角が命。ライ角調整5つのメリットと確認方法
アイアンのライ角調整でパーオン率が2倍に!筆者の体験に基づくライ角調整のメリットを紹介。ライ角調整でゴルフのレベルアップ確実!?今まで誰も語ることのなかったアップライト、フラットのデメリットが今明らかに。

G410LSTを打つべきゴルファー

G410LST
G410PLUS・G410LST。それぞれの特徴について紹介してきたが、実際に試すべきゴルファー像をクラブフィッターたけちゃんに聞いた。

まずはG410LSTだ。

しっかり球が捕まえられるドローヒッターのゴルファーは、G410LSTをオススメしたいが重量の問題がある。

G410PLUSとG410LSTのヘッド重量は2gの差ではあるが、たけちゃんは、G410LSTが重く感じたという。

この事から、ハードヒッターでドローヒッターの方には試して頂きたいのがG410LSTだ。

球をしっかり捕まえられる方で、スピン量に悩んでいるゴルファーであれば、G410LSTは一撃の飛距離を出す事が可能なヘッドだ。

G410PLUSを打つべきゴルファー

G410PLUS
対してG410PLUSはどうなのか。

G410LSTに比べヘッド重量も僅かであるが軽く、またG410LSTに比べて捕まえやすいヘッドに仕上がっている。

安定した高い飛距離性能を発揮するのがG410PLUSであり、相当なスライサーでなければ、誰でも結果が出るヘッドがG410PLUSだ。

PINGドライバーが飛ぶ3つの理由

ピン410シリーズ
G410PLUS・G410LST。どちらも非常に高い飛距離性能を誇る事は試打データからもハッキリとした。

では、最後にもう一度PINGのドライバーが「飛ぶ」3つの理由を以下にまとめる。

  1. 反発係数の高さ
  2. 慣性モーメントの大きさ
  3. スピン量

それでは一つひとつ見ていこう。

反発係数の高さ

G410PLUS・G410LSTの反発係数はルールギリギリで作られており、反発係数が高い事でフェースの弾きの良さを実現している。

慣性モーメントの大きさ

慣性モーメントが非常に大きく、芯がとても広い。ミスヒットをしても飛距離が落ち難いのだ。

スピン量

慣性モーメントとの折り合いが絶妙であり、PLUSよりもさらにスピン量が少ないG410LSTは、低スピンで更なる飛距離向上も狙える。

G410シリーズは他にもスライサー向けのSFTも用意されており、豊富なヘッドバリエーションに加え、様々な弾道調整機能が搭載されている。

さらにはシャフトの選定数が豊富で、幅広いゴルファーに合った組み合わせが見つかるのが、PINGドライバーの強みだ。

【Q&A】クラブフィッターたけちゃんに聞く!

たけちゃん&ゆみちゃん
クラブフィッターたけちゃんにG410PLUS・G410LSTについてズバババ!っと聞いてみた!

ヘッドスピードとロフト角の関係

ゆみちゃん
ゆみちゃん
ねー、たけちゃん。ヘッドスピード速い人はドライバーのロフトは立ってる方が良いって聞くけど、どうなの?

たけちゃん
たけちゃん
確かによく聞くが、あくまでもそういう傾向という話だ。

ズバゴル
ズバゴル

それはつまり、ヘッドスピードが速い人でも打ち出し角が低ければ、ロフト10.5°を使うのはアリって事?

たけちゃん
たけちゃん

もうそれはめっちゃくちゃにアリだぞ。逆にヘッドスピードが遅い人でも打ち出しが高ければ9.5°を使う事だってある。

ゆみちゃん
ゆみちゃん

なるほどね。あくまでもそういう傾向があるってだけで、必ずしもヘッドスピードが速ければロフトを立たせる必要は無いって事ね。

たけちゃん
たけちゃん
今回、ゆみちゃんの試打の時は弾道調整機能。いわゆるカチャカチャを使って、9°を1.5°プラスにしたが、純粋にロフトが10.5°になった訳ではないからな。

ズバゴル
ズバゴル

ん?!それはどういう事?!

たけちゃん
たけちゃん

それは下の関連動画を見てくれ!ワイのカチャカチャダンスは必見だぞ!

ゆみちゃん
ゆみちゃん

たけちゃん・・・。

▼関連記事

初公開!メーカー別可変スリーブデータと可変式ドライバーの調整方法
【動画あり】可変式ドライバーのおすすめ調整方法と主要メーカーのセッティングデータを初公開!可変機能付スリーブ唯一にして最大のデメリットとは?全メーカー対応型のスリーブの実力とキャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイド、ピンのスリーブデータは必見。

PINGのドライバーが飛ぶ理由

ズバゴル
ズバゴル

僕ちんはもっとドライバーを飛ばしたいからPINGのドライバーを使いたいんだけど、なんでPINGのドライバーは飛ぶの?

たけちゃん
たけちゃん

もちろん反発係数が高いのもあるが、慣性モーメントの広さ。つまり芯が広さがずば抜けてる事が飛距離の秘密だな。

ゆみちゃん
ゆみちゃん

それは、フェースのどこに当たっても距離が出やすいって事?

たけちゃん
たけちゃん

さすがゆみちゃん。その通り!例えばスピン量を減らしたいというニーズがあればG410LSTをチョイスすれば良いし、豊富なヘッドラインナップがあるのもPINGの強みだな。

ズバゴル
ズバゴル

弾道調整機能も搭載されたし、いろんなタイプのゴルファーに合うヘッドに出会えるって事?

たけちゃん
たけちゃん

シャフトの選定数が多いのも魅力的だ。選択肢も多い中でヘッドの微調整も可能なのがPINGだ。

ズバゴル
ズバゴル

フィッターも認めるPINGのヘッドって訳ね!

たけちゃん
たけちゃん

まぁ。でもお前みたいにヘッドスピードが9m/sくらいのふにゃふにゃスイングのヤツにはカンケーない話だがなw

ズバゴル
ズバゴル

なんだろう・・このやり取り久しぶりで心地良い・・・ワケねぇだろ!このヤロー。いつかたけちゃんをオーバードライブしてやる!

ゆみちゃん
ゆみちゃん

この前のラウンド。ズバゴルくんより、私の方が飛んでたよ!

ズバゴル
ズバゴル

ううっ・・・・泣けてくる・・・。

G410PLUSとG410LSTを打つべきゴルファー

ズバゴル
ズバゴル

早速ネットでポチろうと思ってるんだけど、G410PLUSとG410LSTを打つべきゴルファー像ってある?

たけちゃん
たけちゃん

お前はすぐポチろうとするな。G410PLUSは、よほどのスライサーでない限り多くのゴルファーが試せるヘッドだな。

ゆみちゃん
ゆみちゃん
スタンダードなヘッドって感じだね!

たけちゃん
たけちゃん

G410LSTは球を捕まえられる人って前提がある。その中でハードヒッターの中・上級者向きだな。

たけちゃん
たけちゃん

球が捕まえられる人でスピン量が2000後半であれば、スピン量が低減して飛距離アップが見込めるのがG410LSTだ!

ゆみちゃん
ゆみちゃん

なるほどねぇ。球が捕まえられる人ならLSTの低スピン性能は、飛距離アップの可能性を大きく引き出してくれるんだね。

たけちゃん
たけちゃん

球を捕まえられるっていう条件があるから、G410LSTはそれなりに難しいヘッドだが、飛距離を伸ばしたいというのであればG410LSTを勧めるぞ。

ズバゴル
ズバゴル

低スピンだから飛距離が伸びる!やったー!ってG410LSTを選べば良いって訳じゃないんだね。

たけちゃん
たけちゃん

そう。だから勧める時も、試打をする人のテクニカルな部分を見て勧めるか勧めないか判断する。・・・。ぐふふwwテクニカルとか言ってみたwww横文字使っちったwwwぐふぇへへへwwww

ズバゴル
ズバゴル

た・・・・たけちゃん・・・・

ゆみちゃん
ゆみちゃん

ズバゴルくん。しばらくそっとしてあげようね・・・。

それぞれのヘッドに合うシャフト

ズバゴル
ズバゴル

今回のG410PLUSとG410LSTのヘッドに合うシャフトってある?

たけちゃん
たけちゃん

どのシャフトにもある程度対応出来るが、重心距離が長いのがPINGドライバーの特徴で、フェースローテーションがし難いという面もある。

たけちゃん
たけちゃん

ワシはシャフトベースのフィッティングをするから、まずはシャフトを決めていく中で最適なヘッドを勧めている。

ズバゴル
ズバゴル

まずは自分に合ったシャフトを見つけていく事で、自分の要件にあったヘッドを提案してくれる。それがフィッティングの良い所だよね!

たけちゃん
たけちゃん

そういう事だ!自分一人で考えていても答えは出ないからな。遠慮なくフィッティングは受けて欲しい!

ズバゴル
ズバゴル

たけちゃん、今回もサンキュー!またよろしくね!

▼関連記事

重心距離が長いor短いメリットデメリット|鉛で弾道を変える方法
【動画あり】ドライバーが捕まらない方必見の記事!ドライバーの重心距離の違いによって弾道はどう変化する?重心距離が長い/短いドライバーの弾道とそれぞれのメリットデメリットを解説!鉛をヒール側に鉛を貼る場合とトー側に鉛を貼る場合の重心距離の変化は必見!

【YouTube動画】G410プラスとG410LST徹底比較


人気と実力を備えたPINGのドライバー「G410プラス」と「G410LST」を試打検証。それぞれの特徴と、手にするべきゴルファーを分かりやすい動画で紹介。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は大人気ドライバーG410PLUS・G410LSTを徹底比較した。

慣性モーメントが大きく、芯が広い事でミスヒットに強いPINGドライバー。

左右のOBに悩んでいる・飛距離に悩んでいるゴルファーにとってはまさに強い味方だ。

  • 安定した飛距離性能と、幅広いゴルファーが扱いやすいG410PLUS
  • 低スピンで飛距離を伸ばすG410LST

それぞれの違いを知る事で、貴殿が望むドライバーを選ぶ事が出来る。

豊富なヘッドバリエーション・シャフトの選定数を誇るPINGドライバーは、必ず貴殿にピッタリな1本が見つかるはずだ!

最高の1本と出会う為に、1人で考えずに信頼の出来るフィッターの元でフィッティングを受けることを強く勧める。

心から納得したPINGドライバーを持って、次回のラウンドで、貴殿が人生最大のビックドライブを青空に描ける事を願い筆を置く。

当記事のライター辻和也氏

ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました