「ステルスドライバー」の特徴・打つべきゴルファーは?プロフィッターが解説!

ドライバー
スポンサーリンク

カーボンフェースは新時代のスタンダードになるのか

毎年、新たなドライバーの在り方を発表し続ける「テーラーメイド」
2022年に登場したのは、SIMシリーズではなく「ステルス(stealth)」だ。

そんなステルスの注目ポイントは「カーボンフェース」だろう。
フェース素材にカーボンを使用しているのだ。
このカーボンフェースにはどんな特徴があるのか、そして気になるステルスドライバーの飛距離性能。
クラブフィッターたけちゃんに試打をしてもらい、ステルスドライバーの気になる性能を徹底解説してもらった。

スポンサーリンク

【動画】ステルスドライバーの打感は本当に悪い?カーボンフェースの本当のメリット

使用スペック

ステルスドライバーには以下の3種類がある。
・ステルス
・ステルス HD
・ステルス plus

今回はステルスを使用して試打を行う。
以下に試打で使用したステルスドライバーのスペックを紹介する!

・ステルス(ロフト9°)
テンセイレッドTM50S(純正シャフト)
長さ:45.75インチ
振動数:235cpm
総重量:298g

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

試打データ

それでは気になる試打データは以下の通りだ。
今回はクラブフィッターたけちゃん、そして女性代表として、ズバババ!ゴルフでお馴染みの、ゆみちゃんにも試打をして頂いた。

普段スピン量が多い、クラブフィッターたけちゃんとゆみちゃんだが、ゆみちゃんは2400RPM台を叩きだしている。
新しいドライバーだから飛ぶという訳ではないがドライバーの数だけ、自分に合う可能性のあるドライバーがあるという事だ。

ステルスの注目といえば「カーボンフェース」を採用したことだ。
このカーボンフェース、気になるのは打感だが、クラブフィッターたけちゃんはどう感じたか。

たけちゃん
たけちゃん
正直、そこまで悪いとは感じなかった。特別良いと感じた訳ではないが、悪い訳ではない。

カーボンフェースを採用した理由

60層のカーボンシートで出来ているカーボンフェース。
多くのドライバーで採用されているチタンフェースに比べて、44%の軽量化に成功している。※
大幅な軽量化に成功しているのが、今回ステルスシリーズに採用されているカーボンフェースなのだ。

※テーラーメイドHPより

Stealth | TaylorMade Golf
新しい“カーボンウッド時代”が始まる。Stealth(ステルス)誕生。

重量配分設計の自由度が高まった

近年のドライバーのヘッド重量は、200g前後が多い。
その中でも3つのキーワードが昨今のドライバーではキーワードとなっている。それが
「低重心、深重心、低スピン」だ。
ドライバーを開発する際、200gという重量の中で、ドライバーヘッドのどの部分に、重量を配置するかが、メーカーの腕の見せ所だ。

多くのメーカーが取り組んでいる事として、クラウン部分をカーボンにし、余剰重量をヘッドの下部に設計する。
これにより、球を上げやすくする働きを生み出す。

クラウン部分はカーボン。しかしフェースはどうだろうか。
先にも述べたが、カーボンフェースはチタンフェースに比べて44%もの軽量化に成功している。

つまり、軽量化に成功した分だけ、更なる重量配置の自由度が増したという事だ。

ステルスシリーズには3種類のモデルがあるが、それぞれ異なる重量配置設計を行い、
3種類において、異なる性格のドライバーを作り上げている。

これこそが、カーボンフェースを採用した、最大の理由と言える。

カーボンフェースの打感

打感に関しては、個人の好みによるところが多い。

しかし、情報通の方はすでにご存じとは思うが、過去に(2012年)テーラーメイドはカーボンフェースのドライバーをすでに発表している。

では、なぜ10年近くの間、カーボンフェースは定着する事はなかった。
その理由は「打感・打音」の評価が芳しくないという事だ。

しかし、試打データでも触れているが、試打をしたクラブフィッターたけちゃんも、ゆみちゃんも打感に関しては、気にならなかったようだ。
打感が良いかどうかは、個人の好みではあるが、試打をした2人が打感は気にならなかった。これが感想だ。

最高の打感ではないが、機能として最高レベルのステルスドライバーに、打感が課題だったカーボンフェースを、気にならないレベルまで
進化させたのは、テーラーメイドの技術力の高さと言える。

ステルスのおすすめセッティング

クラブフィッターたけちゃんは、ステルスを購入する際の注意点として、シャフトの長さを指摘している。

ステルスシリーズのヘッド重量は197g以上ある。
このヘッド重量であれば、クラブフィッター目線で言えば、シャフトの長さは45.5インチまでが推奨という。
純正シャフトは45.75になっているが、やはり45.5以下でセッティングをしたい。
理想を言えば、さらに短い45インチで組むのが理想的という。

シャフトを短くする場合、恩恵を受けられるのはヘッドスピードが速い人だ。
最低でもヘッドスピードは40m/s以上が必要と言えるドライバーと言える。

【動画】ステルスドライバーの打感は本当に悪い?カーボンフェースの本当のメリット

まとめ

今回は、テーラーメイドのステルスドライバーを紹介した。

今作の一番の目玉であるカーボンフェース。打感に関しては、やはり打ってみないと分からない。
しかし、クラブフィッターたけちゃんも、その打感に関しては、気にならないレベルと高評価だ。
もちろん、ヘッド自体の性能はかなり高い。

しかし、ヘッド重量は重く、シャフト選定も間違えると最高のパフォーマンスは発揮できない。
やはり、自分一人で考えるのではなく、信頼の出来るフィッターの下でフィッティングを受ける事が絶対条件だ。

常に革新的なドライバーを作り続けるテーラーメイド。
これからもテーラーメイドから目が離せない。

ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました