【2021年】大手4社ユーティリティシャフトの特徴を徹底解説!

ゴルフギア
スポンサーリンク

ユーティリティシャフトを徹底試打!

今回は2021年に試して欲しいユーティリティシャフトを4本紹介!

この4本はクラブフィッターたけちゃんが厳選した大手シャフトメーカー4社のユーティリティシャフトだ。

ドライバーやアイアンに比べると、イマイチ注目度が低いのがユーティリティシャフト。

ユーティリティは距離を稼ぐだけでなく、グリーンも狙う万能なクラブだ。

それだけにユーティリティシャフトの選定はスコアアップに確実に直結する。

今回は実際に4本のユーティリティシャフトを試打し、その試打結果と特徴を解説するぞ。

貴方に合うユーティリティシャフトが必ず見つかるぞ!最後まで必見だ!

(注意)
ユーティリティはハイブリッドと呼称するのが正しいが、本記事では「ユーティリティ」表記とします。

スポンサーリンク

紹介するユーティリティシャフト

それではまず、今回紹介するシャフトは以下の4本になる。

  • 【GRAPHITE DESIGN】TOUR AD HY 85S
  • 【三菱ケミカル】TENSEICK Pro Orange Hybrid 80S
  • 【Fujikura】TR Hybrid 85S
  • 【UST Mamiya】ATTAS MB HY 85S

この4本を試打するのだが、以下の条件で試打を行う。

  • シャフト重量は80g台
  • ヘッドは同じヘッドにて試打(PING G425#4)
  • シャフト長も同じ(39.75インチ)
  • バランスも同じ
  • グリップも同じグリップ

クラブフィッターたけちゃんは今回、80g台のシャフトを揃えたのには理由があるという。

ヘッドスピードが40~47m/sくらいまでのゴルファーであれば、80g台くらいのシャフトがおススメという。

しかし既製品のシャフトだと、その重量帯のシャフトが入っている事は少ないという。

故に、ユーティリティシャフトのスペックが合っていないゴルファーが非常に多いという。

冒頭でも触れたが、ユーティリティは様々な場面で使う事が多いクラブだ。

だからこそ、ユーティリティのシャフトを見直すキッカケにしてほしい!

▼関連記事

【高評価】アッタスMB(FW/UTシャフト)試打&振動数と評価
FW/UTシャフトアッタスMBの全て 2019年12月6日。USTマミヤから新しいフェアウェイ・ユーティリティ用シャフトが...

4本の試打と特徴解説

それではそれぞれのシャフトの試打データと特徴を紹介する。

試打を行うのは、ズバゴル1号が行う。

そしてシャフトの特徴はクラブフィッターたけちゃんが解説を行うぞ!

試打者データ:HS48~50m/s、身長172cm、男性、37歳 フェードヒッター レベル:アベレージゴルファー(ベスト84)

TOUR AD HY 85S試打


 
TOUR AD HY 85S
ヘッドスピード
42.1M/S
総スピン量
2900RPM
打ち上げ角度
15.0°
キャリー
208YDS
総飛距離
228YDS

方向性としては、真っ直ぐからやや左へ行く傾向はあるが、非常に素直な振り感のあるシャフトだ。

右に行くのが嫌なゴルファーにとっては捕まえやすいシャフトだ。

【たけちゃんPoint】

たけちゃん
たけちゃん

今回の4本の中で、基準とも言える癖のないシャフト。
弾道も真っ直ぐに出やすく、球の高さも出やすいぞ。

TOUR AD HY 85Sスペック

 
TOUR AD HY 85S
振動数
283CPM
重量
88g
トルク
2.9
調子
中調子

※重量はカタログ値

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

TENSEICK Pro Orange Hybrid 80S試打データ


 
TENSEICK Pro Orange Hybrid 80S
ヘッドスピード
43.0M/S
総スピン量
5190RPM
打ち上げ角度
13.8°
キャリー
206YDS
総飛距離
221YDS

試打を行ったズバゴル1号には合わなかったのか、4本のシャフトの中で1番大きく右へ曲がる結果となった。

【たけちゃんPoint】

たけちゃん
たけちゃん

今回の4本の中で、1番左へのミスに強いぞ!
左へのミスを出したくないゴルファーにはおススメだ。

TENSEICK Pro Orange Hybrid 80Sスペック

 
TENSEICK Pro Orange Hybrid 80S
振動数
282CPM
重量
82g
トルク
3.1
調子
元調子

※重量はカタログ値

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

TR Hybrid 85S試打データ


 
TR Hybrid 85S
ヘッドスピード
41.8M/S
総スピン量
2898RPM
打ち上げ角度
16.5°
キャリー
207YDS
総飛距離
226YDS

振動数はそこまで硬いシャフトという訳ではないが、しっかりした振り感のあるシャフトだ。

【たけちゃんPoint】

たけちゃん
たけちゃん

今回の4本の中で、1番おススメのシャフトだ。
左へのミスが出にくいが、かと言って捕まらない訳でもない。
打ち上げ角度も十分に出せる。
左へのミスは出したくないが、ある程度捕まって欲しい。
それを実現出来るシャフトだ。

TR Hybrid 85Sスペック

 
TR Hybrid 85S
振動数
283CPM
重量
84g
トルク
2.4
調子
中元調子

※重量はカタログ値

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

ATTAS MB HY 85S試打データ


 
ATTAS MB HY 85S
ヘッドスピード
42.9M/S
総スピン量
4310RPM
打ち上げ角度
12.4°
キャリー
212YDS
総飛距離
229YDS

今回試打を行ったシャフトの中で一番硬いシャフトが、ATTAS MB HY 85Sだ。

振ってみるとそこまでハードな感じはないが、やや捕まえられるシャフトだ。

たけちゃん
たけちゃん

TOUR AD HY同様にやや捕まるシャフトだ。
しかし、振動数が一番出ているので、弾道は低くなりやすい。

ATTAS MB HY 85Sスペック

 
ATTAS MB HY 85S
振動数
295CPM
重量
85g
トルク
2.6
調子
中調子

※重量はカタログ値

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

理想のユーティリティシャフトを見つけるには

クラブフィッターたけちゃんに理想のユーティリティシャフトの見つけ方を聞いた。

たけちゃん
たけちゃん

まずは自分が使っているシャフトの特性を知る事だ。
今回紹介したシャフトが理想的な値であっても、今使っているシャフトとのスペックの「差」が大きいと打ちにくいシャフトになる。
その差を埋めるのがフィッティングなので、やはりまずはフィッティングをしっかり受けることをおススメするぞ。

【動画】4大シャフトメーカー!HYシャフトの特徴をプロのフィッターが徹底解説!

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はクラブフィッターがおススメする、ユーティリティシャフトの特徴について紹介した。

ドライバーやアイアンシャフトに比べると、どうしても影が薄いが、ラウンドでは非常に重要なクラブになるのがユーティリティだ。

クラブフィッターたけちゃんはユーティリティシャフトを「隙間産業」という。

確かにユーティリティクラブを買う時に、ドライバーやアイアンに比べて選べる種類も少なく、重量も適正でないことが多いという。

だからこそ、そこにはフィッティングで自分にピッタリと合うシャフトを見つけるチャンスがあるということだ!

フィッティングの際は、自分が今使っているシャフトのスペックを伝えよう!

貴方にピッタリ合うユーティリティシャフトに出会える事を願って、筆を置く。

当記事のライター辻和也氏

ズバババゴルフ専属ゴルフライターのプロドラマーつじです。

ユーティリティなのかハイブリッドなのか。実はハイブリッドという言葉はドラムの世界にも定着してます。
そんな私が使っているドラムセットも「ヤマハ アブソリュートハイブリッドメイプル」というドラムセットです。
※名前長いなぁ・・・。

メイプルという材質とウェンジという材質を使っているハイブリッド仕様です。
これがまたいい音するんですよ・・・。
https://kazuya-tsuji.com/gear/gear-drumset/

ゴルフギア
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました