7番184ヤード実現!インプレスUD+2飛び系アイアン唯一のデメリット

ヤマハインプレスUD+2 アイアンアイアン
スポンサーリンク

元祖飛び系アイアン!ヤマハインプレスUD+2

一口にアイアンと言ってもアスリートモデルや、アマチュアが使って優しいアイアンなど、様々な種類のアイアンが存在する。

その中でも近年大きな話題となっているのが「飛び系アイアン」といわれるカテゴリーのアイアンだ。

その「飛び系アイアン」というカテゴリーにおいて、エポックメイキングな立ち位置なのが「ヤマハインプレスUD+2」だ。

アイアンの飛距離が落ちてきたシニアゴルファーだけでなく、女性ゴルファーにも飛びを実現し、熱い支持を得てきた「ヤマハインプレスUD+2」

今回は2021年モデルを試打計測。

飛び系アイアンのメリット・デメリットをクラブフィッターたけちゃんが徹底解説する。

スポンサーリンク

ヤマハインプレスUD+2のクラブデータ

それでは「ヤマハインプレスUD+2」のクラブデータを計測する。

今回はYoutube版ズバババ!ゴルフでお馴染みの、ゆみちゃん用のレディースアイアンも同様に計測を行う。

シャフトモデルZELOS7Air Speeder for
Yamaha M421
長さ38インチ37.25インチ
ロフト角25度29度
総重量377g323g
バランスD0C6
振動数261CPM246CPM

※今回のヤマハインプレスUD+2のラインナップで一番重く、硬いシャフトが「ZELOS7S」となる。
※Air Speeder for Yamaha M421(レディース Aフレックス)

シャフトラインナップを見ると、非常に軽量モデルがラインアップされている。

ラインナップの中で一番重量級のZEROS7であっても、ヘッドスピードが40M/Sを超すゴルファーには合わないシャフトと言える。

シャフトラインナップを見ても、シニアゴルファー・女性にターゲットを置いているアイアンと言える。

「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

▼【2021年】ヤマハインプレスUD+2 アイアン

▼【2019年】ヤマハインプレスUD+2 アイアン【ゼロス7】

7番アイアンの長さが、5番アイアン

長さにも注目してほしい。同じくYAMAHAの看板シリーズ「RMX」がある。

RMX220の7番アイアンの長さは37インチである。(シャフト:N.S.PRO RMX)38インチとなると5番アイアンと同じ長さとなる。

また「RMX」シリーズで一番アスリートモデルのRMX IRON020に至っては、36.75だ。

飛ばすには当然シャフト長は長い方が有利だ。

シャフトの長さを見るだけでも、飛び系アイアンの飛びの秘訣を知る事が出来る。

プラス2番手の飛びの実現。ヤマハインプレスUD+2

ヤマハインプレスUD+2は「プラス2番手の飛びを実現」をキャッチフレーズとしている。

今回は「SPEED RIBFACE(特許出願中)」を採用し、前作よりも更なる高反発フェースの設計を導入している。

飛びの技術を集結させたのがヤマハインプレスUD+2だ。

では、そもそもアイアンを飛ばす為に何が必要か。それはロフト角だ。

ロフトが立っていれば、それだけ飛距離は伸びる。

一般的な7番アイアンのロフト角は34度前後だ。最近はストロングロフト。つまりロフトを立たせるアイアンが増えている。

7番アイアンで30度のアイアンも多く見掛けるようになった。

しかし、ヤマハインプレスUD+2はロフト角が25度と、かなりのストロングロフトとなっている。

25度と言えば、近年のアイアンで言えば5番アイアン相当のロフト角だ。

5番アイアンは「球が上がらない・難しい」と感じるゴルファーは多い。

ヤマハインプレスUD+2は7番で5番と同じロフト角となっているが、果たして試打結果はどうなる。

是非、注目して頂きたい。

▼関連記事

データで検証!おすすめ飛び系アイアン厳選3本のメリットデメリット
人気上昇中!飛び系アイアン厳選3本 ゴルフクラブ界にイノベーションを巻き起こしているといっても過言ではないほど、その飛距離性能...

インプレスUD+2試打計測

それでは試打データを見てみよう。

試打はクラブフィッターたけちゃんがZELOS7。

ゆみちゃんがAir Speeder for Yamahaで試打を行う。

試打者(たけちゃん)データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、33歳(独身)フェードヒッター
モデルZELOS7Air Speeder for
YAMAHA M421
振動数261CPM246CPM
ヘッドスピード38.2M/S27.9M/S
打ち上げ角度19.8度24.2度
総スピン量4560RPM3700RPM
キャリー171YDS101YDS
総飛距離183YDS114YDS

飛距離は5番、高さは7番の飛びを実現

某カステラのCMを連想させる。「飛距離は5番、高さは7番。」

おっと・・失礼。

たけちゃんのデータを参照するが、打ち上げ角度が19.8度となっている。

これはたけちゃんのヘッドスピードからすると、理想的な7番アイアンの打ち出し角度である。

つまり、ロフトは5番であっても高さは7番アイアンなのだ。

飛び系アイアンは高さが出るので、スピン量で止めるではなく高さで止めるのだ。

たけちゃんが普段使っている5番アイアンと同等の飛距離が出ている。

「プラス2番手」のキャッチフレーズは本当であった。

飛び系アイアンのメリットは、短い番手で打てる

飛び系アイアンのメリットは「短い番手で打てる」ことだ。

ヤマハインプレスUD+2は、7番アイアンであってもロフトと長さは5番相当である。

しかし、7番アイアンという短い番手を持っているという心理的効果は大きい。

5番で打つと思うのか、7番で打つと思うのか。

どちらが心理的に楽と言えば、やはり短い番手で打つ方が楽と思うゴルファーが大半であろう。

飛距離が落ちてきたゴルファー・女性ゴルファーにとってUD+2をはじめとする飛び系アイアンは、メリットを享受出来る。

飛び系アイアンのデメリットはピッチ間隔

飛び系アイアンのデメリットはズバリ、ロフトのピッチ間隔だ。

ヤマハインプレスUD+2のPWのロフトは37度だ。

PWの下にはAW(42度)AS(48度)SW(55度)があるが、それぞれのピッチ間隔は大きくなっている。

ロフト角で飛距離をコントロールする方の中には、5~6本とウェッジが必要なゴルファーも出てくる可能性がある。

これはヤマハインプレスUD+2だけの話ではなく、飛び系アイアンのデメリットと言える。

しかし、考え方を変えれば7番アイアンで5番相当の飛距離が出るので、6番以上のアイアンが不要になるゴルファーも多くなるだろう。

ロングアイアンが苦手で飛距離が落ちてきたゴルファーにとってはデメリットはあるが、それでも大きな飛距離はメリットとなる。

▼関連記事

【決定版】ウェッジロフトの選び方とセッティング!PW+3本が正解
正しいウェッジの選び方 ウェッジ選びに悩むアマチュアゴルファーは非常に多い。 また、ご自身のウェッジセッティングに自信も...

ドライバーの10ヤードよりも、アイアンの10ヤード

ドライバーの飛距離が伸びて嫌と思うゴルファーは少ないだろう。

しかし、ドライバーで10ヤード飛距離を伸ばす事は非常に困難だ。

例えばだが、ドライバーの飛距離は今のままであっても、セカンドショットを打つアイアンの飛距離が10ヤード伸びたらどうだろうか。

それは、コース全体で考えれば結果的に10ヤード飛距離が伸びた事になる。

ヤマハインプレスUD+2を使えば、今のアイアンよりも飛距離が伸びる可能性が大いにある。

実際に試打をしたたけちゃんは、楽に5番アイアンと同じ距離が出せると言う。

無理をしてドライバーで10ヤード伸ばすよりも、確実にアイアンで10ヤード伸ばす。これもゴルフを楽しむ為の方法でないかと考える。

レディースのヤマハインプレスUD+2も、試打をしたゆみちゃんは非常に好感触であった。

球が上がりやすく、飛距離もでる。

シニアゴルファーや女性ゴルファーなど飛距離を求める方にとってUD+2は救世主の様な存在だ。

【動画】ヤマハインプレスUD+2アイアン | 元祖飛び系アイアン7番で180yds!?

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は飛び系アイアンの元祖。ヤマハインプレスUD+2を特集した。

ヤマハインプレスUD+2に限らず飛び系アイアンは非常に注目を集めている。

やはり大きな魅力は「飛距離」だ。

7番アイアンであっても5番アイアンと同じ飛距離が出るとなれば、心理的効果も大きい。

飛距離が落ちてきたゴルファー、飛距離に悩む女性ゴルファーにとっては、ヤマハインプレスUD+2は救世主と言える。

もちろんデメリットもある。飛び系アイアンの宿命とも言えるが、PW以下のロフトピッチ間隔が大きく開いてしまう事だ。

それにより、ウェッジを多く入れる必要が出る。

しかし、7番より上のアイアンを入れる必要が無いので、ウェッジの本数を増やしてもトータル本数は変わらない。

本編でも書いたが、ドライバーで10ヤード伸ばすのは至難の技だ。

しかし、短い番手のアイアンで飛距離が10ヤード伸びたらどうだろうか。

コース全体で10ヤード伸びれば、ゴルフも変わるだろう。飛び系アイアンは貴殿のゴルフを変える可能性を秘めている。

当記事のライター辻和也氏

ズバババゴルフ専属ゴルフライターのプロドラマーつじです。
何を隠そう(?)私は本記事で取り扱ったヤマハ(楽器の方)の契約プロドラマーです。

先日ヤマハに行き、新製品(電子ドラム)の試打に行った時に担当から。

「ゴルフ相当ハマってるらしいじゃん。ヤマハのクラブって良い感じなの?(担当)」
「ヤマハのクラブ、評判めっちゃいいですよ。私もヤマハのアイアンってちょっと気になってるし。(つじ)」
「藤田選手とか、今も頑張ってるらしいもんなー。(担当)」

藤田寛之選手の話が出て、その日一番テンションが上がった事は容易に想像できると思います。

いつかヤマハドラマーって事で、藤田・今平両選手に会えるのを密かに夢見てます。

私がヤマハで試打した記事がありますので、こちらも是非!

DTX-PROモジュールは別次元の臨場感を実現!DTX6シリーズを選ぶ最大の理由とは!
ヤマハから「DTX6シリーズ」がリリースされる。 電子ドラムの需要は年々増加し、その機能は目覚しい進歩を遂げて…
アイアン
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました