【話題沸騰】スチールファイバーを試打計測!スチールファイバーを打つべきゴルファーとは?

アイアン
スポンサーリンク

話題沸騰!スチールファイバーを打つべきゴルファー

今、話題沸騰のシャフトをご存じだろうか?

それは「スチールファイバー」だ。

世界ランク上位にいる女子ゴルファーの多くが、「スチールファイバー」を使っている。
(2022年6月)

特に話題になったのは、畑岡奈紗選手も使用しているとなっては、非常に気になる。

そして国内女子プロゴルファーも使いだしている事で、今、話題沸騰なのだ。

名の通り、スチール繊維とファイバー繊維で作られたシャフトである。

これはスチールなのか。それともカーボンなのか。

そして、スチールファイバーは一般アマチュアゴルファーが使って大丈夫なシャフトなのか。

試打データ、そして非常に「貴重な振動数データ」を基に、徹底解説するぞ!

スポンサーリンク

スチールファイバーの振動数データ

スチールファイバーは様々なシリーズが出ているが、今回は「iシリーズ」での試打・振動数計測となる。

今回計測するのは、以下のシャフトだ!

・スチールファイバーi80S
・スチールファイバーi110S

それでは、気になるシャフトの振動数データを見て頂こう。

 スチールファイバーi80Sスチールファイバーi110S
振動数331CPM333CPM
「CPM」とは「Cycles Per Minute」の略。シャフトが1分間に何回揺れ動くかを計測した数値。
数値が大きい程しなり戻りが速く、硬いと感じる。

スチールファイバーの特徴


そもそもであるが、スチールファイバーとはどんなシャフトなのか。

スチールファイバーは、シャフト内部はカーボン素材で作られており、そのカーボンの外側をスチール繊維が覆う形で出来上がっている。

つまり、カーボンとスチールの良いとこ取りなのだ。

カーボンとスチール。両方の特性がある


試打を行ったクラブフィッターたけちゃんは、スチールファイバーの特長を以下の様に語っている。

「スチールの振り心地だけど、カーボンシャフトの高さが出る」

実際に振った感覚としては、スチールの様な気持ち良さがある。

しかし、スチールシャフトは球が低く出る傾向がある。

このスチールファイバーは、スチール特有の粘りのある振り心地を感じさせながら、しっかりとカーボンシャフトの特長も出せているのだ。

試打データ

それでは気になる試打データをご覧頂こう。

試打を行うのはクラブフィッターたけちゃんだ。
以下の2本のシャフトで試打を行うぞ。

・スチールファイバーi80S
・スチールファイバーi110S

試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、35歳(独身)フェードヒッター

高さも飛距離も出る!スチールファイバー


クラブフィッターたけちゃんが、普段使っている7番アイアンの重量は115gであるが、それに一番近いのが「i110S」になる。

i80は80g台のシャフトであり、115g台を普段使っているゴルファーから見れば、かなり軽量である。

しかし、実際に振った感覚としては、あまり重量の違和感は感じなかったそうだ。

打ち出しの数値に注目して頂きたいが、これはクラブフィッターたけちゃんのヘッドスピードから考えると、理想と言える数値だ。
むしろ、かなり高弾道と言える。

女子プロが好むシャフトには訳があった


スピン量も注目だ。i80もi110どちらも7000RPM台と、申し分ない数値となっている。

近年のシャフトの中には、スピン量より打ち出しの高さを狙うシャフトも多い。
しかしスチールファイバーは打ち出しの高さも、スピン量も申し分ない。

厳しいセッティングの中で、試合を行うプロが好むのも頷ける。

また、左へのミスにも強いのが、弾道データからも見て取れる。

高さも出て、スピン量も出て、左へのミスも強い。

女子プロが好む理由は、データからもハッキリと見て取れる。

フレックス選定には注意が必要

注意点としては、振動数だろう。

クラブフィッターたけちゃんは、どちらも振りやすい。と感想を述べていた。

しかしi80もi110も、振動数はほぼ同じ値であり、振動数から見ると、かなり硬いシャフトだ。

フレックス選定は慎重に行う必要がある。

しかし、スチールファイバーはフレックスのラインナップが豊富だ。Lから始まり、シニア、R、S、Xと豊富なラインナップとなっている。
※i110はR・S・Xの3モデル。

シャフトを選ぶ際は、フィッティングを受け、最適なフレックスを選んで欲しい。

体への負荷が少ないスチールファイバー

クラブフィッターたけちゃんは、スチールファイバーのメリットとして、体への普段を挙げている。

スチールに比べて、カーボンは手・腕・首への負担が軽い。

スチールファイバーは完全なカーボンシャフトではないが、スチールシャフトに比べて、体への負担は少ない。

スチールからカーボンへ

長い間、アイアンはスチールシャフトを使っているゴルファーにとって、いきなりカーボンに移行するのに抵抗を感じる人は多いだろう。

スチールファイバーはカーボンではあるが、スチール繊維で巻き付けて仕上げている。

カーボン寄りではあるが、カーボンとスチールの間と言える。

なので、スチールからカーボンへ移行するのに抵抗がある人は、一度スチールファイバーを試してみるのをお勧めする!

繰り返しになるが、振動数はかなり出ているので、フレックス選定だけには気をつけたい。

【動画】スライスしないティーの原理をフィッターが解説!本当にスライスしないのか?

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は話題沸騰の「スチールファイバー」を紹介した。

女子プロゴルファーが使用し、注目を浴びる事になったが、その性能はかなり高いシャフトであることが分かった。

豊富な重量帯に、フレックスも豊富とあれば、これは試してみるべき1本と言える。

カーボンの良い所と、スチールの良い所を組み合わせたかのような、スチールファイバー。

カーボンシャフトを使ってみたいが、今までスチールを使っていて、中々一歩が踏み出せない貴方にこそ、お勧めの1本かもしれない。

是非、一度、試打をする事を強くお勧めする。

アイアン
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました