【2022版】ドライバー4大シャフトメーカー試打!あなたに合うシャフトはこれ!

ドライバー
スポンサーリンク

2022年版!ドライバーシャフト一気試打!

2022年ももうすぐ終わり。
2022年も多くのドライバーシャフトが発売されたが、一体何が自分に合うシャフトなのか。

ドライバーをリシャフトしたいと思っていても、どのシャフトが自分に合うのか。
情報を溢れる昨今。シャフト選びに悩んでいるゴルファーは多いはず!(ライター含む)

そこで、今回は4大シャフトメーカーから2022年にリリースされたドライバーシャフトを一気試打!
クラブフィッターたけちゃんが、それぞれのシャフトを徹底解説!
※USTMamiyaさんのみATTAS KINGです・・・ごめんなさい!

この記事を読む事で、きっと貴方にピッタリ合うシャフトが見つかるはず!!
最後まで見逃せないぞ!

スポンサーリンク

今回紹介するシャフト

今回紹介するシャフトは以下の4本だ!

・SPEEDER NX GREEN(フジクラシャフト)
・TOUR AD CQ(グラファイトデザイン)
・DiamanaGT(三菱ケミカル)
・ATTAS KING(USTMamiya)

※The ATTAS V2はまた別で記事にします・・・!ごめんなさい!

なお、振動数データはこちらの記事を是非チェックしてほしい!

▼関連記事

【2022】振動数で分かる!4大シャフトメーカーを総まとめ!
2022年4大シャフトメーカーの振動数比較を行う。あなたに合うシャフト選びの一助になること間違いなし! それぞれのシャフトをクラブフィッターたけちゃんが徹底解説。

試打データ

まずは4本の試打データをご覧頂こう。
その後に1本ずつ、クラブフィッターたけちゃんの解説を紹介するぞ。

試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、35歳(独身)フェードヒッター

ATTAS KINGの試打解説


先調子の「ATTAS KING」はクラブフィッターたけちゃんは以下の様に語る。

たけちゃん
たけちゃん

スライスを抑えたいゴルファー。フェースが開き癖があるゴルファーにはおススメだ!
スライスが直るシャフトではないが、スライスに悩んでいるゴルファーには試してもらいたい。

実際に、クラブフィッターたけちゃんはフェードヒッターであるが、試打を行った際は程よいドローとなった。

もちろんATTAS KINGを使えば必ずドローが打てるシャフトという訳ではない。
しかし、スライスに悩んでいるゴルファーには、まずは試して頂きたい1本だ。

しかし、気をつけたいポイントがある。
ATTAS KINGは他の50Sシャフトに比べて半フレックス程柔らかい設定になっている。

必ず試打を行った上で、フレックス選定をして頂きたい。

興味深い話がある。
4本の中で一番柔らかいシャフトが「ATTAS KING」だ。
ヘッドスピードを見ると、ATTAS KINGが一番抑えられている。

これは打つ前から「柔らかい。」と理解している事で、
自然と振動数に合わせた打ち方をしていると、クラブフィッターたけちゃんは言う。

こんなところにも振動数の影響は出るのだ。

TOUR AD CQ


続いてはグラファイトデザインのTOUR AD CQだ。
このシャフトについて、クラブフィッターたけちゃんは以下の様に語る。

たけちゃん
たけちゃん

意図的にドローを打つゴルファーにおススメのシャフトだ。
逆に言えばスライサーがスライスを抑えるシャフトとは言い難いな。

こう語る様に、意図的にボールを捕まえて、右へのミスを減らしたいゴルファーにおススメだ。

シャフトの振動数的に、クラブフィッターたけちゃんは「ヘッドスピード45m/s以上」は欲しいと語る。

ある程度振れるゴルファーで、右へのプッシュアウトのミスを減らして、ドローを狙うゴルファーは試して頂きたい。

繰り返しになるが、スライサーの方が、スライスを減らす目的で使う際には、向かない。

ドローヒッターで、右へのミスを減らしたいゴルファーにおススメのシャフトだ。

▼関連記事

飛びの次世代モデル!グラファイトデザイン ツアーAD CQを試打評価!打つべきゴルファーとは?
多くのプロゴルファー、アマチュアゴルファーに支持を受けるツアーADの最新作。ツアーAD CQの試打を行う! ツアーAD CQはどんな特長のシャフトなのか。気になる試打データ、貴重な振動数のデータも公開。 どんなゴルファーにおすすめか、クラブフィッターたけちゃんが徹底解説!

SPEEDER NX GREEN


クラブフィッターたけちゃんが、一番素直なシャフトだが、選定が難しいシャフトという。

SPEEDER NX GREENを試してゴルファーとして、スイング軌道が極端にアウトサイドインや、インサイドアウト軌道ではなく、
スイング軌道がゼロベースのゴルファーにおススメという。

しかしSPEEDER NX GREENは、打ってみないと分からないシャフトと、クラブフィッターたけちゃんはいう。

たけちゃん
たけちゃん

振動数だけではなく「トルク」という概念は、実際に振ってみないと分からない。
硬いと感じる人もいれば、そう感じない人もいる。

この「トルク」という概念は、まだ試打データが少ないのが現状だ。
実際に、クラブフィッターたけちゃんも、フィッティングの際に試打をしてもらうそうだが、
硬いと感じる人も、そう感じない。というゴルファーにハッキリ分かれるそうだ。

調子としては中調子で、クセがないシャフトに仕上がってはいるが、必ず試打をしてほしい1本だ。

▼関連記事

【2022年版】SPEEDER NXの最新作!SPEEDER NX GREENの試打評価
大人気SPEEDER NXの最新作GREENの試打評価 多くの女子プロゴルファーも使用し、話題になったフジクラシャフトの「SP...

Diamana GT


4本のシャフトの中で一番「左へのミス」を減らせるのが、DiamanaGTだ。

振動数データ的に言えば、硬いシャフトではあるが、シャフトの運動量が多いので、ヘッドの位置が分かりやすいシャフトである。

たけちゃん
たけちゃん

振動数の値は高いが、個人的にはヘッドの位置が分かるから振りやすいと感じた。
左のミスを減らしたいゴルファーにおススメだ。

捕まえられない。というシャフトではなく、捕まえたいけどチーピンは絶対出したくない。
そんなゴルファーにおススメだ。

▼関連記事

【2022年】ディアマナGTの振動数・特徴・打つべきゴルファーを徹底解説!
前作モデルと振り返る!ディアマナGTの特徴 国内外・プロアマ問わず、多くのゴルファーに人気の三菱ケミカルの「ディアマナ」 ...

シャフトのイメージが変わりつつある?

クラブフィッターたけちゃんは、近年のシャフトは変わりつつあると感じている。

すべてのゴルファーに合うシャフト。という訳ではなく、より打ちたい球をベースをシャフト作りが行われるのでは?という。

シャフトはまだまだ進化する可能性を秘めていると感じる。
一体2023年は、どんなシャフトが誕生するのか。
目が離せない!!

【ドライバー】4大シャフトメーカーを一気試打!あなたが本当に使うべきシャフト!

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は2022年にリリースされた、4大シャフトメーカーのドライバーシャフトを紹介した。

それぞれのシャフトに特徴があり、明確に打つべきゴルファーは設定されている。

ただし、だからといって試打・フィッティングをしなくて言い訳ではない。

クラブフィッターたけちゃんは、シャフト選びの際は「重さ・硬さ・長さ」が重要と言う。

信頼のできるフィッターのフィッティングを受ける事で、最適な1本が見つかる。

「フィッティングは、敷居が高いから・・・」
そう思っている方がいたら、単純にもったいない。

フィッターの方は、ゴルファーの方に最適な1本と出会って欲しいと願って、日々勉強を続けている。
決して敷居が高いものではない!是非、フィッティングを受けて欲しい。
そして、運命の1本と出会ってほしい。そう願い、本記事を終わりにしたいと思う。

ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました