松山英樹プロ使用!2021スリクソンZ-STAR/XV/♦︎試打比較

スリクソンボールゴルフギア
スポンサーリンク

Masters優勝!2021スリクソンZ-STARシリーズを試打

2021年4月12日。日本中のゴルファーの夢を叶えた松山英樹プロのMasters優勝。

松山英樹プロを支えたのがスリクソンZ-STAR XVだ。

国内外の多くのプロゴルファーに支持を得ているZ-STARシリーズのニューモデルが、2021年2月5日に販売された。

従来通り、Z-STARとZ-STAR XVはラインナップされているが、今回は数量限定でZ-STAR♦︎(ダイヤモンド)も登場した。

今回はドライバーと7番アイアンで試打を行い、2021スリクソンZ-STARシリーズを試打検証を行う!

数量限定のZ-STAR♦︎の気になる試打データ、それぞれのボールの特性が出る試打検証は必見だ!

ボール選びに悩んでいる方、さらなるスコアアップを目指すゴルファーは最後まで読んで頂きたい。

スポンサーリンク

2021スリクソンZ-STARシリーズの特徴

特徴を理解した上で、試打データを見て欲しいので、それぞれのボールの特徴を紹介する。

今回紹介するスリクソンZ-STARシリーズは以下の3シリーズだ。

・スリクソンZ-STAR
・スリクソンZ-STAR XV
・スリクソンZ-STAR♦︎(ダイヤモンド)

いわゆるツアーボール(スピン系)と言われる3シリーズだが、どんな特徴があるのか。

Z-STARシリーズは従来、SpinSkinと呼ばれる独自のコーティング技術を採用しており、ソフトなフィーリングを実現してきた。

2019モデルのZ-STARシリーズには、SpinSkinに加えて「SeRM(セルム)」と呼ばれる新材を採用した。

2021モデルのZ-STARシリーズにも「SpinSKinコーティングwith SeRM」は引き続き採用されている。

同じコーティング技術を採用されているが、一から配合割合を見直して再構築をしている。

スリクソンZ-STARシリーズは確かな進化が詰め込まれている。

スリクソンZ-STARはスピン性能が高いボール

まず、Z-STARの特徴をズバリと言うと。

Z-STARシリーズで一番スピン性能が高いのが、「Z-STAR」だ。

2019モデルより、さらなるスピン性能を高める為に、ウレタンカバーを0.5ミリから0.6ミリへと0.1ミリ厚くした。

わずか0.1ミリではあるが、ウレタンカバーを厚くする事でスピン性能は向上する。

スピン性能を向上させたが、飛距離性能もコアの反発性能を高め、カバーの硬度を再設計する事で余計なスピン量を抑制する事に成功している。

スピン性能がさらに向上し、さらなるソフトなフィーリングを実現しているのがZ-STARなのだ。

主な使用プロ
・稲森佑貴選手
・畑岡奈紗選手

▼関連記事

高評価!新旧スリクソンZ-STARとXVの違いをデータで徹底検証
ご存知?スリクソンZ-STARとXVの違い トーナメントプロから厚い信頼を得ているスリクソンZ-STARシリーズ。 20...

スリクソンZ-STAR XVは飛距離性能が高いボール

Z-STAR XVの特徴をズバリと言うと。

Z-STARシリーズで一番飛距離性能が高いのが、「Z-STAR XV」だ。

コアに高反発の材料を採用する事で、高い反発性能を発揮し、ボール初速向上を実現している。

3層目に採用されているカバーは、硬度を高める事で余計なスピンを抑止することで、低スピン化も実現している。

風対策にも進化が見える。

ディンプルの設計を見直し、従来よりもディンプルを4%深くした。

ディンプルを深くする事により、弾道が抑えられ風に強い直進性を実現した。

Z-STARにも4%深くしたディンプルが採用されている事も付け加えよう。

Z-STAR XVは飛距離性能が高いが、アプローチ性能はどうなのか。SeRMを採用している事で、フェースへの食いつき、スピン性能は向上している。

しかし、何よりも松山英樹プロがMastersで見せたアプローチを見れば、スピン性能も優れている事は明らかだ。

主な使用プロ
・松山英樹選手
・小祝さくら選手
・キャメロン・チャンプ選手

スリクソンZ-STAR♦︎はアイアンのスピン性能が高いボール

今回数量限定でリリースされたZ-STAR♦︎の特徴をズバリ言うと。

Z-STARシリーズで一番アイアンのスピン性能が高いのが、「Z-STAR♦︎」だ。

アイアンショット時のスピン量を増やす事をZ-STAR♦︎では目標にしており、Z-STARに同様にカバーは0.6ミリと厚くしている。

カバーを厚くするだけでなく、硬度をZ-STAR、Z-STAR XVよりも硬くする事で、ロング・ミドルアイアンでのスピンがかかりやすくなっている。

Z-STAR♦︎にもSeRMが採用されており、ディンプルもZ-STAR、Z-STAR XV同様のディンプルが採用されている。

主な使用プロ
・シェーン・ローリー
・星野陸也

スリクソンZ-STARシリーズの試打データ

お待たせしました。2021モデルのスリクソンZ-STARシリーズの試打データを公開する。

今回はドライバー・7番アイアンでの試打計測を行う。

試打を行うのは、クラブフィッターたけちゃん、一般女性代表のゆみちゃんだ。

試打者データ:HS45~46m/s、身長175cm、男性、35歳(独身)フェードヒッター

Z-STAR3シリーズのドライバー試打データ

それではドライバーの試打データをご覧いただく。

 たけちゃんゆみちゃんたけちゃんゆみちゃんたけちゃんゆみちゃん
使用ボール
Z-STAR
Z-STAR XV
Z-STAR♦︎
ヘッドスピード42.8M/S33.2M/S44.5M/S32.7M/S44.1M/S32.9M/S
総スピン量2960RPM4335RPM2850RPM3200RPM2450RPM3200RPM
打ち上げ角度15.3°20.5°11.9°20.1°14.3°18.0°
キャリー222YDS126YDS230YDS136YDS229YDS148YDS
総飛距離241YDS139YDS253YDS152YDS251YDS166YDS

特徴通りというか、やはりZ-STAR XVの飛距離性能が目立つ結果となった。

しかし、Z-STAR♦︎の飛距離にも注目して頂きたい。

たけちゃんはZ-STAR XVに肉薄する結果となり、ゆみちゃんに至っては圧倒的な飛距離が出ている。

Z-STARとZ-STAR♦︎のキャリーでは20ヤード以上飛んでいる結果となった。

試打を行なった二人は、スピン量が多い傾向なのだが、たけちゃんに関しては全て2000RPM台と、理想的な値となっている。

Z-STAR3シリーズの7番アイアン試打データ

 たけちゃんゆみちゃんたけちゃんゆみちゃんたけちゃんゆみちゃん
使用ボール
Z-STAR
Z-STAR XV
Z-STAR♦︎
ヘッドスピード34.9M/S27.1M/S35.3M/S27.1M/S34.6M/S27.4M/S
総スピン量5465RPM4625RPM6175RPM4570RPM6375RPM6165RPM
打ち上げ角度21.9°24.3°22.4°24.9°21.0°27.1°
キャリー152YDS98YDS145YDS93YDS150YDS89YDS
総飛距離162YDS110YDS155YDS105YDS159YDS99YDS

次に7番アイアンでの試打データをご覧いただく。

Z-STAR♦︎は、アイアンにおけるスピン量が増える事が最大の特徴だ。

試打データを見たら一目瞭然。Z-STAR♦︎は圧倒的にスピン量が多い事が分かる。

Z-STAR、Z-STAR XVも十分なスピン量が入っているが、Z-STAR♦︎は確かに2モデルに比べてスピン量が多い事が分かる。

Z-STAR♦︎はレギュラー化されるのか?

気になるのはZ-STAR♦︎がレギュラー販売されるかどうかだ。

ドライバーではZ-STAR XVに迫る飛距離性能、アイアンでのスピンも非常に高い性能であった。

実際に試打を行なった、クラブフィッターたけちゃんはこう言う。

たけちゃん
たけちゃん

飛距離性能もスピン量も素晴らしい。打感はZ-STAR XVよりも硬く感じるぞ。

今までのZ-STARとZ-STAR XVとは違ったコンセプトなのがZ-STAR♦︎だ。

プロの様な非常に厳しいコースセッティングにおいてはアイアンのスピン量が増える事は、非常に重要なポイントとなる。

アマチュアゴルファーにどう受けいれられ、ダンロップが販売に踏み切るのか。

現在は数量限定発売で、かなり品薄の状態となっている。

興味のある方は、1スリーブだけでも試してみる事をオススメする。

スリクソンZ-STARシリーズ(2021)ユーザーの口コミ/評判

実際にスリクソンZ-STARシリーズを使用しているユーザーはどう思っているのか。

アマチュアゴルファーの生の声は非常に貴重だ!

Z-STARユーザーの声。

打感も安定の柔らかさ。スピン性能も飛距離性能も申し分ない。

ショートゲームのスピン性能は素晴らしい。低い球でよく止まりますが、耐久性が低いかもしれません。

パターの音が小さくて距離感が掴みにくい。Z-STARに乗り換えの人は慣れが必要。

Z-STAR XVユーザーの声。

とにかく強い球がドライバーで出ます。アイアンの飛距離も出て、アプローチもよく止まります。

ボールが硬いので、硬いボールが苦手な人は注意が必要。飛距離性能は抜群です。

飛距離、スピン性能は高く、パターは高めの音がします。硬めの打感が好きな人は試して欲しい。

Z-STAR ♦︎ユーザーの声。

ドライバーの飛距離性能は高いです。アイアンのスピン量は分かりませんが、飛距離もしっかり出ます。

アプローチは他のスピン系のボールに比べると、やや弱いですが、十分なスピン量。

アイアンはめくり球になります。かなりスピンが入っている印象。エースにしたいが数量限定が残念。

引用:YouTubeチャンネル ズバババ!GOLF コメント欄

【動画】徹底比較!2021スリクソンZ-STARボール|数量限定ダイヤモンドの実力

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は2021モデルのスリクソンZ-STARシリーズを紹介した。

2年の時を経て、小さなボールの中に大きな進化がある事が分かって頂けただろう。

簡単ではあるが、Z-STARシリーズの特徴をまとめる。

・Z-STARはスピン性能に優れている。飛距離性能も十分な性能
・Z-STAR XVは抜群の飛距離性能。スピンもしっかり入る。
・Z-STAR♦︎は他のシリーズに比べて、アイアンのスピン量がしっかり入る。

本編では触れなかったが、Z-STAR、Z-STAR♦︎は3ピースで、Z-STAR XVは4ピースである事を付け加える。

ゴルフは使うボールを自分で決められる珍しいスポーツでもある。

クラブやシャフトでスピン量や飛距離を伸ばす事を考える前に、まずはボールを替えてみる事で、大きな効果が出る。

試打を行なったデータを見ても明らかと言える。

まずは1スリーブでも良いので、自分の目的に合ったボールを試してみる事を強く勧める。

貴殿のスコアアップの鍵はボールかもしれない。

▼松山英樹プロ愛用ボール

当記事のライター辻和也氏

ズバババゴルフ専属ゴルフライターのプロドラマーつじです。

やりましたね!!松山英樹プロがMasters優勝ですよ!
本当に感動しました。
次の日はコンビニに行って、スポーツ新聞を買い漁りました・・・w

今までボールをずっと悩んでいましたが、Z-STAR XVに決めました!
ミーハーと言われそうですが、それもまたアマチュアゴルファーの楽しみの1つですよね!

松山英樹プロ、Masters優勝おめでとうございます!

使用ボールをスリクソン Z-STAR XVに決めた!
もうさ、分かってるよね? 松山英樹プロが2021Masters優勝が一番の要因ですよ!! ミーハー?良いじゃな…
ゴルフギア
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました