【決定版】人気No.1シャフト発表!4大シャフトメーカーの特徴

4大シャフトメーカーゴルフギア
スポンサーリンク

保存版!4大シャフトメーカーの特徴を一挙紹介

Youtube版ズバババ!Golfで、使用している(使用してみたい)ドライバーシャフトのアンケート調査を行った。

なんと、1843名もの方にご協力頂いたことに対し御礼申し上げる。

今回はアンケート結果をランキング形式で発表したいと思う。

さらにクラブフィッターたけちゃんによる、それぞれのシャフトメーカーについての解説もしてもらった。

シャフトメーカーの特性を知る事で、シャフト選びがより充実すること間違いなし!

今回はまさに「永久保存版」「ブックマーク必至」だ!

スポンサーリンク

第1位:Speeder(スピーダー)/フジクラシャフト

Speeder/フジクラシャフト
今回のアンケートで一番人気だったのが、「Speeder/フジクラシャフト」だ。

支持率は35%だった。

フジクラはリシャフトの先駆者で、昨今のリシャフトの流れを創ったメーカーだ。

Speeder EVOLUTIONシリーズはフジクラシャフトを代表するシャフトとして、多くのプロ。特に女子プロやアマチュアゴルファーに支持されてきた。

それではクラブフィッターたけちゃんに「Speeder/フジクラシャフト」について解説してもらった。

▼スピーダー エボリューション6の詳細

スピーダーは「奇数=先調子」「偶数=手元調子」

昔からSpeederを知っている方の中には、「先が走るイメージ(先調子)」と思っている方も多い。

Speeder EVOLUTIONシリーズになる前のSpeederは、確かに”先調子の捕まるシャフト”であった。

しかし、当然ながら毎回同じ調子のシャフトを発表している訳ではない。

現在のSpeeder EVOLUTIONシリーズは、現時点で6代目まで発売されているが、それぞれにシャフト特性が異なる。

以下にまとめるので、是非覚えて頂きたい。

  • 【奇数】初代スピーダー、Speeder EVOLUTION3、Speeder EVOLUTION5=先調子
  • 【偶数】Speeder EVOLUTION2、Speeder EVOLUTION4、Speeder EVOLUTION6=手元調

初代スピーダー、Speeder EVOLUTION3、Speeder EVOLUTION5は、同じ先調子である。

それではこの3本は同じかと言えば、そうではない。

次第に中調子になって来ている様だ。

最新のEVOLUTION5とEVOLUTION6を例とする。

  • 【奇数】EVOLUTION5=中中先調子
  • 【偶数】EVOLUTION6=中中元調子

この様に、近年のEVOLUTIONは中調子になりつつある傾向だ。

これはSpeeder EVOLUTIONシリーズが、ターゲット層を広げる動きなのではないかと考えられる。

次作が出るとするならば、Speeder EVOLUTION7は奇数なので、先調子になる可能性が高い。

思い切った先調子にするのか、はたまた中調子寄りにするのか。何れにせよ、次作が非常に楽しみである。

▼関連記事

スピーダーエボリューション徹底比較!失敗しないスピーダーの選び方
【動画あり】スピーダーはモデルによって全く異なるシャフト。スピーダーエボリューションシリーズの振動数、調子、飛距離、弾道、評価を徹底比較!人気クラブフィッターたけちゃんによるインプレッションと中古シャフト選びの注意点は必見。この記事でスピーダー選びで失敗しない!

▼関連記事

【検証エボ6】スピーダーエボリューション6試打評価と振動数を公開
【動画あり】紹介シャフト351/474/569/661。スピーダーエボリューション6徹底比較!振動数・試打データ・飛距離・評価とエボ6を試すべきゴルファーを紹介。エボ6をエボ4、エボ5と徹底比較した振動数データ&エボ6の重量別比較は必見!

第2位:Tour AD/グラファイトデザイン

Tour AD/グラファイトデザイン
アンケート第2位は「Tour AD/グラファイトデザイン」だ。

支持率は27%だった。

Tour ADは国内男子ツアー使用率がNo.1で、3割から4割弱の男子プロがTour ADを使用していると言われている。

そして、純正カスタムシャフト使用率でもNo.1である。

それではクラブフィッターたけちゃんに「Tour AD/グラファイトデザイン」について解説してもらった。

▼ツアーAD VRの詳細

純正カスタムシャフトの使用率No.1

純正カスタムシャフトの使用率がNo.1という事は、多くのゴルファーに合うシャフトである必要がある。

その為、カタログを見て頂ければ一目瞭然だが、Tour ADのほとんどが「中調子」である。

しかし、多くのシャフトが「中調子」であっても、それぞれのシャフトにはしっかり特性がある。

中調子だからどんなTour ADでも良い訳ではないので、注意が必要だ。

過去のモデルも多くあるので、しっかりフィッテングを受ける事で最適なTour ADを見つける事ができる。

▼関連記事

【厳選5本】おすすめのツアーAD。選び方、特徴、振動数を徹底調査
【動画あり】ツアーADファン必見!特徴的なツアーAD5本の実力を徹底調査!ツアーADの選び方、飛距離、振動数、弾道を詳しく解説。比較シャフト:ツアーAD VR、TP、MJ、MT、BBの計6本。一番飛ぶツアーAD、アマチュアに一番合う、合わないツアーADを発表!

第3位:Diamana/三菱ケミカル

アンケート第3位は「Diamana(ディアマナ)/三菱ケミカル」だ。
Diamana/三菱ケミカル
支持率は21%だった。

シンプルでありながら、美しいカラーリングで高級感があるDiamana(ディアマナ)シリーズ。

クラブフィッターたけちゃんに「Diamana/三菱ケミカル」について解説してもらった。

▼ディアマナZFの詳細

赤マナ、青マナ、白マナの特徴

Diamanaは色でその調子の特性が分かれている。

まずは、大きく分けて3パターンの特性を理解して頂きたい。

  • Diamana RF(通称:赤マナ)=先調子
  • Diamana BF(通称:青マナ)=中調子
  • Diamana DF(通称:白マナ)=元調子

Diamana RF(通称:赤マナ)は先調子であるが、実際には「ダブルキックシャフト」だ。

手元も緩いシャフトになっている。

Diamanaは手元が緩いのが全シリーズ通して言える特徴だ。

三菱ケミカルは手元調子のシャフトの評価が高い。

手元調子のシャフトが合う方は、Diamanaシリーズは試して頂きたい。

逆に言えば、手元が硬いのが好きなゴルファーには合わないシャフトと言える。

Diamanaシリーズは比較的ハードスペックで、ある程度のヘッドスピードが必要とされてきたが、

新作となるDiamana ZF(白マナ系)はシリーズ初となる40g台のシャフトもラインナップされ、Diamanaシリーズの敷居が下がった。

最近ではTENSEIが非常に注目されているが、こちらも手元調子でかなりのハードスペックとなっている。

比較的ハードスペックのシャフトが多い中、ヘッドスピードが速くないゴルファー向けのシャフトが発表される事を期待したい。

▼関連記事

【保存版】ディアマナZF特徴と赤マナvs青マナvs白マナ徹底比較
【有料級記事】最新ディアマナZFの特徴と赤マナvs青マナvs白マナの違いと特徴、振動数を徹底比較!もうこれでディアマナ選びに失敗しない。クラブフィッターによるRF、BF、ZFの打ち比べ試打データと本当のキックポイント(調子)は必見!一番飛ぶディアマナはこれだ。

第4位:ATTAS(アッタス)/UST Mamiya

ATTAS(アッタス)/UST Mamiya

アンケート第4位は「ATTAS(アッタス)/UST Mamiya」だ。

支持率は15%だった。

特徴的なカラーリングが有名なATTASは、現在までに11シリーズが発表されている。

シャフトメーカーとしては後発組になるのだが、とてもユニークなシャフトを発表しているのがATTASだ。

クラブフィッターたけちゃんに、「ATTAS/UST Mamiya」について解説してもらった。

▼アッタス11ジャック の詳細

合う合わないがハッキリするアッタス

シャフトのカラーリングが個性的であり、極端ともいえるシャフト性能。

シャフトのネーミングも独特でシャレが効いている。遊びゴコロがあるメーカーと言えるだろう。

シャフトの特性をシリーズ毎にハッキリと分けているので、合うゴルファー・合わないゴルファーがハッキリするのもATTASの特徴。

シリーズの傾向としては、以下のサイクルで発表されている。

手元調子→中調子→先調子→ダブルキック

しかし、この流れで新しいシャフトが発表されるかと思いきや、このサイクルから外れた調子を発表するなど、やはり遊びゴコロがあるメーカーと言えるだろう。

▼関連記事

【アッタスジャックの特徴】ダブルキックは球が上がらない方におすすめ!
【動画あり】USTマミヤの最新シャフト「アッタスジャック(11)」の最大の特徴ダブルキックについて詳しく解説!球が上がらない、低弾道飛距離ロスに悩む方必読の内容。ダブルキックが切り札のアッタスジャックで最高の飛距離を手に入れろ!

第5位:アオサキ/Threering(スリリング)

アオサキ/Threering
アンケート第5位は「アオサキ/Threering」だ。

支持率は2%だった。

クラブフィッターたけちゃんの師匠である、浅谷理氏が勤めるThreering社。

シャフト性能はもちろん、カラーリング・ネーミングにもこだわっているのが、Threering社のシャフトだ。

クラブフィッターたけちゃんに、「アオサキ/Threering」について解説してもらった。

一クラス上の性能、デザイン、素材

Threering社は今まで紹介してきた4メーカーでは出来ない事、いわばニッチな立ち位置とも言える。

他のシャフトメーカーでは満足しない方は、是非試して頂きたい。

高価なシャフトではあるが、それだけに高価な素材を採用し、高性能なシャフトを作り上げている。

現在、Threering社は3モデルのシャフトがある。そのネーミングも個性的かつオシャレだ。

  1. ハルカナ(遥か彼方へ)
  2. アオサキ(青空の先に)
  3. カゼトモ(風と共に)

THE POWER OF DESIGN.
好きなデザインの方が飛ぶ気がする

これは、Threering社のシャフトシリーズのキャッチコピーだ。

どのシャフトメーカーも、それぞれ自分に合ったシャフトは必ず見つかる。

では、どの部分でシャフトを決めるのか。

デザインで決めてみるのも良いのかも知れない。

シャフトもカラーリングから楽しむ時代になったと言える。

最適なシャフトの見つけ方

4大シャフト
それぞれのシャフトメーカーの特徴について紹介してきた。

様々なシャフトが多くあるなか、自分に最適な1本を見つける事は困難だ。

一体どうしたら”シャフト難民”にならずに済むか。

クラブフィッターたけちゃん曰く。

シャフトをよく理解した人のフィッテングを受ける事

自分でなんとなく決めるのではなく、フィッテングを受ける事で最適な1本を見つけられるだろう。

もちろんヘッドも大事だが、シャフトが合わなければ、せっかくのヘッド性能も引き出せない。

中上級者の方はもちろん、初心者の方も積極的にフィッテングを受けてほしい。

▼関連記事

【保存版】クラブフィッティングの効果、内容、気になる金額を大公開!
【動画あり】クラブフィッティングの効果、内容、金額を全公開!実際にクラブフィッティングを受けた3名(ドライバー、アイアン)の貴重なフィッティングデータ、感想、効果を初公開!クラブフィッティング5つのメリットと注意点も紹介。

【Q&A】クラブフィッターたけちゃんに聞く!

クラブフィッターたけちゃん&ゆみちゃん
クラブフィッターたけちゃんにズバババ!っと聞いてみた!

シャフト交換の必要が無かった割合

ズバゴル
ズバゴル
ずばり!たけちゃんのフィッテングを受けて、シャフト交換の必要が無かった割合ってどれくらい?
たけちゃん
たけちゃん

今まで900人程フィッティングをしてきたが、5%以下だろうな。

ズバゴル
ズバゴル

ドンピシャで合ってる人ってほとんどいない。って事なんだね。

たけちゃん
たけちゃん
例えば、アイアンを替える事でドライバーのシャフトを替えなくても良い。というケースもあったな。
ズバゴル
ズバゴル

クラブ全体の流れって大事って事かー。フィッテングって奥が深いんだね。

たけちゃん
たけちゃん

やはりフィッテングは結果が全て。それはスコアアップだろうし、飛距離が伸びる事でもあると思う。

ズバゴル
ズバゴル

たけちゃん、さっき良い事言ってたね。クラブヘッドは心臓。シャフトは動脈(血管)。両方大事なんだなーって感心したよ。

たけちゃん
たけちゃん

寝ずに考えたからな。フィッテングって答えがある様でないんよ。ワシだって完璧なフィッテングが出来ているか分からない。

ズバゴル
ズバゴル

でも、今までフィッテングを受けた人は結果が出たって事でしょ?

たけちゃん
たけちゃん
ありがたいことに結果が出ている人が多い。だからこそ、これからもたくさんフィッテングをしてより良いフィッテングを目指したい。
ズバゴル
ズバゴル

まだまだフィッテングを受けていないゴルファーも多いから、積極的に受けてもらいたいね。

たけちゃん
たけちゃん
そうだな、それがゴルフ界発展にも繋がると考えている。
ズバゴル
ズバゴル

たけちゃん、今回もサンキュー!

【動画】4大シャフトメーカーの特徴を大公開

ゴルファー1843人が選ぶ一番人気シャフトメーカーを発表。4大シャフトメーカーの特徴も詳しく解説。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は4大シャフトメーカーの特徴について特集した。

各メーカー様々なシャフトを毎年発表しているが、それぞれのメーカーの特徴を知る事はシャフト選びの大きなヒントになるだろう。

すべてのゴルファーに合うシャフトは存在しないからこそ、自分のスイングに合うシャフトを選ぶのは大変だ。

自分一人で考えていると、分からなくなる事もあるだろう。

そんな時はフィッテングを受ける事をオススメする。

シャフトはヘッド並みに高価になりつつある。だからこそ、自分が納得した1本を選んでほしい。

今回の記事を読んで頂き、気になるシャフトを見つけたら、フィッテングを受けて頂きたい。

きっと、貴殿の相棒となるシャフトが見つかるはずだ。

当記事のライター辻和也氏

辻和也さんのプロフィール
【辻和也さんのプロフィール】高校入学時に音楽経験は無かったが、吹奏楽部に入部。 卒業と同時に菅沼孝三ドラム道場に入門。菅沼孝三に師事。2009年、菅沼孝三ドラム道場千葉校を立ち上げ、代表兼講師を務める。2014年には新プロジェクトアルバム「H.J.Freaksの神妙旅楽団」にドラマーとして参加。超絶ドラミングと評される。
ゴルフギア ドライバー
スポンサーリンク
【PR】3分査定!使わない古いクラブを現金化
【PR】3分査定!古いクラブを今すぐ現金化
スポンサーリンク
フォローミー!
ズバゴルSNSをフォロー!
一期一会
おすすめコンテンツ



ズバババ!GOLF

全額返金制度って何?ライザップゴルフ

Twitterやっとりますがな。

タイトルとURLをコピーしました