失敗しないFWリシャフト!フェアウェイウッドシャフト交換で苦手克服

実録!おすすめのフェアウェイウッド交換方法

FWシャフト
画像:交換用中古シャフト(クリックで拡大)

ドライバーはブッ飛びのスピーダーに変更、アイアンも最近流行りのカーボンシャフトを試打したばかり、何ならパートナーも交換したいなと思案中。

ところがどっこいフェアウェイウッドのシャフトはそのままでいいのですか?

ドライバー代わりに確実にフェアウェイに置きに行くティショットや、ロングホールで2オンを狙う際には欠かすことのできないフェアウェイウッド(以下FW)。

今回は、クラブフィッターのたけちゃん監修による、絶対に失敗しないおすすめのFWシャフト交換方法についてご紹介していきます。

僕自身が実際に3W(スプーン)のシャフトを交換した実録記事となります。

FWが苦手で悩んでいるゴルファーや、初のシャフト交換に躊躇している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)

FWシャフト交換4つの方法


ご存知でしたか?

FWのリシャフトは以下の4通りの方法から選ぶことが出来ます。

  1. ドライバー用のシャフトに差し替える
  2. FW専用シャフトに差し替える
  3. 中古のドライバーシャフトに差し替える
  4. 中古のFWシャフトに差し替える

それでは一つひとつ見ていきましょう。

1. FWシャフト交換|おすすめはドライバーと同シャフト

FWは基本的にドライバーと同じ系統のシャフト選定をするのが好ましいのです。

というのもツアープロはドライバーと同じシャフトをFWに装着している人がほとんど。

しかしながら、ドライバー用の新品シャフトは金額が高く、それを短いFWに装着するというのは一般アマチュアゴルファーにとっては心理的ハードルが高いと思われます。

しかし、コスト面を度外視して考えると、FWのシャフトはドライバーと同じものにすることが、最もお勧めの選択肢と言えるでしょう。

▼関連記事

最新シャフト比較|ツアーADIZ・ディアマナRF・エボ4・アッタスC
2018年モデルドライバーシャフト徹底比較 いよいよ4大シャフトメーカーの2018年最新モデル...

2. FW専用シャフトを選ぶ明確なメリット

最近各メーカーから開発されているドライバーと同系統のFW用シャフトは、ドライバーのそれに比べ、圧倒的にリーズナブルなものが多いのです。

つまり、アマチュアゴルファーにとって、ドライバーと同系統のFW用シャフトに交換することは、コスト面からも非常に理にかなった選択肢と言えるのではないでしょうか。

※シャフト単品の標準価格:ドライバーシャフト 40,000円~(税別)/FWシャフト 22,000円~(税別)

ちなみに、各メーカーのFWシャフトは、同スペックのドライバー用シャフトに比べてトルクを緩めていることが多いのです。

これは想像するに、FWを地面から打つことを想定し、球をつかまえやすく設計されているものと予想されます。

FW専用シャフトラインナップ

以下が有名シャフトメーカーから発売されているFW専用シャフトの一部です。

上述したように、ドライバーシャフトの価格(40,000円~)と比較してかなりリーズナブルに感じます。

メーカー名称価格(税別)
フジクラSpeeder FW22,000円
USTMamiya ATTAS FW22,000円
三菱ケミカルDiamana Thump FW22,000円
グラファイトデザインTour AD F25,000円

3. お得&超おすすめ|FWに中古ドライバーシャフト

超絶お得でおすすめのFWシャフト交換方法を、この記事をお読みの方だけにコッソリお教えします。

それは、『中古のドライバーシャフトに差し替える』です。

この交換方法は以下のようなメリットが享受できます。

  • 価格が安い
  • ドライバーと同じ流れ、スイングで打てる
  • 少しマニアックなゴルフ友達にプチ自慢ができる

いかがでしょうか?

お得で超おすすめの『FWに中古ドライバーシャフトを使用する』は、ぜひとも試していただきたいマル秘メソッドです。

何を隠そう、僕のスプーン(3W)は、ゴルフショップイシイのクラブフィッターたけちゃんのお陰で、何と16,000円(新品の場合は4万円以上)で、中古のドライバーシャフトにリシャフトできたのですから!

中古カーボンシャフトを購入するリスクとは?

ただし、中古のシャフトは様々なリスクが伴いますので、ゴルフショップイシイさんのような、信頼できるショップにて対応することを強く推奨します。

何故ならば、カーボンシャフトは熱に弱く、過去の作業方法次第ではプレー中にブチ折れる可能性もあるのですから….。

4. 中古のFWシャフトを探す方法

かなりのレアケースですが、中古のFWを探す方法もあります。

しかし、中古市場に出回っているFW専用シャフトの絶対数が少なく、現実的ではないのかもしれませんね。

中古のドライバーシャフトと同様に、カーボン製の中古FWシャフトをネットで購入するリスクは決して低くないことを頭に入れておきましょう。

重要!ドライバーとFWの重量セッティング

以上、ここまでFWのシャフト4つの交換方法をご紹介してきました。

繰り返しになりますが、『中古ドライバーシャフトをFWに使用する』事をぜひとも検討してみてください。

それではここで、FWのリシャフト時の最重要事項についてお伝えします。

FWシャフト交換に失敗しないためにも、確実に頭に叩き込んでおいてください。(ブックマーク推奨)

FWリシャフト時の最重要事項とは『ドライバーとFWの重量セッティングに注意する』ということ。

つまり、フェアウェイウッド単体の重量ではなく、ドライバー、3W、5W、7Wの流れをを考えた重量にセッティングするということが、ゴルフのスコアメイクには大切なのです。

その重量セッティングとは以下の通りです。

  • 3番ウッド(3W)はドライバーと同重量にセッティング
  • 5番ウッド(5W)はドライバーの10gアップ
  • 7番ウッド(7W)もドライバーの10gアップ

例えば、貴殿の使用しているドライバーのシャフト重量が50g台の場合、3Wのシャフト重量も50g台、5Wは60g台、7Wも60g台といった感じです。

このようにセッティングすることで、一連の流れの中でスイングできるようになり、球筋が安定し、自信をもってプレーすることが可能になるのです。

これは、フェアウェイウッドだけではなく、アイアンやウェッジにおいても同様なことが言えるのです。

「ドライバーと3Wと5Wは得意なんだけど、血豆がもげるほど練習しても7Wだけがどうも上手く打てないんだ。」という方は、ぜひともクラブセッティングの流れを確認してほしいものです。

▼関連記事

8割がオーバースペック!「難しい」より「やさしい」クラブが上達の鍵
徹底検証!100名のフィッティングデータから見えてきた事実 数字(データ)は嘘をつかない。...

フェアウェイウッド飛距離の目安

『重量の流れ』も大切ですし、『番手通りの飛距離が安定して打てる』ということもスコアメイクにおいては非常に重要です。

以下が、ドライバー飛距離が220ヤードの場合のフェアウェイウッドの理想的な飛距離の目安です。

  • 3番ウッド(3W):200-205yds
  • 5番ウッド(5W):190y-195yds
  • 7番ウッド(7W):180y-185yds

貴殿に合ったシャフトに交換し、クラブバランスを調整することで、常に適切な飛距離を打ち分けることが可能になるのです。

180yds~200ydsをコントロールできれば、貴殿のゴルフがいかにイージーになるのかご理解いただけるはずです。

一般的なFWシャフトの交換工賃・費用

一般的なFWシャフトの交換工賃、費用は以下の通りです。

  • リシャフト作業賃:7,000円~
  • 新品FW専用シャフト代:22,000円~
  • 新品ドライバーシャフト代:40,000円~
  • グリップ代:1,000円~
  • フィッティング調整費:3,000円~

つまり、一般的なFWのリシャフト費用は概算で3万円程度といったところでしょうか。

ゴルフショップイシイ|FWシャフト交換工賃・費用

ゴルフショップイシイの工房

香川県のイチ押しゴルフショップ「ゴルフショップイシイ」さんでは、非常にリーズナブルな価格でFWのシャフト交換が可能です。

現在では、中四国のゴルファーはもちろん、日本全国からゴルファーが訪れているというのもうなずける、何ともリーズナブルな価格ではないでしょうか?

  • 新品FW専用シャフトにリシャフト:24,000円
  • 新品ドライバーシャフトにリシャフト:40,000円
  • 新品グリップ交換:1,000円~

どうですか、この安心価格。

ちなみに、僕の場合は、ドンピシャスペックの中古のドライバーシャフトが店内で見つかったので、新品グリップ代込み16,000円でFWのリシャフトが完了しました。マジ激安!

僕のような薄給リーマンには非常にありがたい安心価格なんです!

しかも、シャフト交換をしなくても、約1時間半のクラブフィッティングは完全無料です。(要:電話予約)

繰り返しになりますが、物理的にお店に訪れることが可能な方は、ゴルフショップイシイに連絡することを強くお勧めします。

※当サイト「ズバババ!GOLF」と当記事は、ゴルフショップイシイ様から一切の広告費や、夜の接待を受けていないことをここに誓います。(現時点では)

ゴルフショップイシイの概要

店名:ゴルフ練習場「D・ステーション」ゴルフショップイシイ
住所:香川県丸亀市飯野町東二1252-1
電話:0877-25-1730※タップで電話する
定休日:年中無休(ショップは火曜が定休日)
営業時間:6:00~21:00( 4~9月)、7:00~21:00(10~3月)

▼ゴルフショップイシイの詳細は以下よりご確認ください

香川県のゴルフ練習場ゴルフショップイシイをおすすめする7つの理由
四国、香川丸亀のゴルフショップイシイをご紹介 画像:ゴルフショップイシイの入り口 現在、...

フェアウェイウッドシャフト交換の流れ

それでは最後に、僕自身が体験したFWシャフト交換の流れをご紹介します。

フィッティング用マシーンでスイング計測:約30分

フィッティングデータ
画像:著者のフィッティングデータ

データに基づいたクラブを試打:約20分

FWの弾道データ
画像:データに基づき自分に合ったFWを探す

自分に合ったシャフトをチョイス:約10分

FWシャフト
画像:変更前のシャフト(左)と変更後のシャフト

フィッティングのデータによれば、今までのシャフトは軽く柔らかすぎたようです。

店内の工房にて作業:約30分

FWのヘッドを抜く作業
画像:FWのヘッドを抜く作業

FWのヘッド
画像:ヘッドが抜けた

シャフトの振動数を図る
画像:真剣なまなざしでシャフトの振動数を測るたけちゃん(独身)

世界にただ一つのスプーン(3W)が完成!

FWリシャフト完成
画像:約2時間でリシャフト完成

ちなみに、接着剤が乾くまでの2時間は球を打ってはダメダメ。

やりたい気持ちをグッと抑えてガマンガマンガマンシルー

まとめ

クラブフィッターたけちゃん
いかがでしたでしょうか。

今回は、フェアウェイウッドのシャフト交換について詳しくご紹介してきました。

当記事のタイトルにあるように、FWが苦手なゴルファーの90%以上は自分に合っていないクラブを使用しているというデータもあります。

以下のような方は、ぜひ一度FWのシャフト交換を検討してみてはいかがでしょうか。

  • FWを買い替えても買い替えても上手く打てない方
  • FWを諦めてユーティリティを購入しようとしている方
  • ドライバーは飛ぶのにFWが苦手で2オンしたことのない方

また、当記事が、ほんの少しでも誰かのFWシャフト交換の参考になれば望外の幸せです。

▼関連記事

プロ絶賛おすすめシャフト!スピーダーエボリューション5の硬さ比較
スピーダーエボリューションⅤの振動数比較 画像:爽やかな青色光が当たるとシルバーに見えるのが特...
『粘走り』が決めて!USTマミヤ最新シャフトThe ATTAS
The ATTAS(ジ・アッタス)プロフィッターインプレッション 2018年7月27日、異...

最後に

3Wと5Wとハイボール

最後までお読みいただきありがとうございました。

この場を借りて、当記事を監修していただいたゴルフショップイシイのクラブフィッターたけちゃんにお礼を申し上げます。

たけやんのお陰で、本当に充実したFWライフが遅れそうです。

しかも、たったの1万6千円で…。

今回リシャフトしたスプーンを5年は使用するので、1年当たりのコストは3,200円です。

5年間で50回はゴルフに行くと思うので、1ラウンドあたりのコストはたったの320円となります。

また、1打当たりのコストは…..。ここいらで、やめときますw

冗談はさておき、本当に大満足のFWシャフト交換でした。

次は貴殿の番です。

それではアディオス!

▼関連記事

プロフィッター伝授!絶対に失敗しないドライバーシャフトの交換方法
ドライバーシャフトの選び方。リシャフトは「振動数」が最重要 ゴルフクラブを異性に例えると、...
フェアウェイウッドは払い打つな!スプーン(3W)の正しい打ち方
フェアウェイウッドの正しい打ち方を動画で解説 今回はフェアウェイウッドが苦手な多くのア...
スポンサーリンク
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)
ズバババGOLFのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事